ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

【FNM】フライデーナイトマジックの個人的構築論

   

今回はFNM(フライデーナイトマジック)に初めて参加される初心者の方を対象とした個人的なデッキ構築論です。ドラフトのルールはwiki等を参考にしてください。

2013年現在、フライデーナイトマジックで使用されるパックは以下の通りです。

・ラブニカへの回帰

・ギルド門侵犯

・ドラゴンの迷路

の3パック。

この中からピックをしていくわけですが、まだ2回しかFNMに参加しておりませんがいろいろ教えて頂いたり「こっちを入れておけばよかった。。。」という考察が出来上がりましたので初心者の方のご参考になればと思います。

デッキ構成は土地含めて40枚。

土地は店舗で貸していただける。大会終了後に返却。

店舗にもよりますがカードの裏面でデッキシャッフルを操作しないため、40枚程度のスリーブが必要。

ピックしたカードはサイドボード扱い。よって1ゲームごとにサイドと交換可。

主にクリーチャーの殴り合い。

エンチャント・インスタント・ソーサリーは数枚程度。

クリーチャーでの殴り合いになるのでなるべくクリーチャーをピック。この時初心者の方はなかなか2色以上の構築は難しいと思いますので可能な限り2色に絞ってピック。(4色、5色でもFNMデッキ構築は可能ですが初心者のうちはまず回らないでしょう。)

クリーチャーをピックする際に例えば1マナ軽量のクリーチャーをピックするよりも5マナ程度のクリーチャーをピックしてデッキに入れたほうがいい。なぜなら40枚構築で土地が20枚程度あると初手でかなり土地が引ける。土地事故が少ないため5マナでも無理なくだせる。スタンダードと違うところはマナが重いカードがかなり仕事をしてくれるというところ。

この際にピックしたクリーチャーの選別は時間制限はあるもののきちんと行うことが重要。

例えば、同じマナ点数でパワー・タフネス6/3をとるよりもパワー・タフネス5/4をピックした方がよい。(クリーチャーの能力にもよりますが)なぜならタフネス3よりも4のほうが戦闘で生き残り安いから。

あとクリーチャーの能力に関しては現環境では多色のクリーチャーが多いため、多色のクリーチャーに能力を付与するクリーチャーを選んだ方が吉。

土地の枚数は個人的には18~20枚。これが事故率が少ない枚数だと感じている。土地つながりでピックする際にギルド門があればピックしておいた方がよい。デッキ運用が安定します。

あと個人的に重要な点は以下の通り。

・軽いクリーチャーでも能力次第では使えるので(ex:警戒・飛行・呪禁・絆魂・強請・到達・ブロックされないなど)ピックした方がいいかも。

警戒は無理なく攻撃に参加できますし、飛行はブロックを回避する能力、絆魂・強請はライフアドバンテージを得ることができます。到達は相手のデッキにもよりますが、飛行を叩き落とせます。ただほかに比べるとそこまで重要ではありません。ブロックされないは最高の回避能力で一方的にライフを削れる。

クリーチャー以外の呪文は本当に数枚で十分だと思います。相手がバンバンでかいクリーチャーを展開している間にエンチャント・ソーサリー・インスタントが手札にありすぎるとそれだけでボードディスアドバンテージです。インスタントでチャームを入れるのはいいと思います。状況に応じてかなり仕事をしてくれます。

FNMでのデッキ構築に関してはこのような感じでしょうか。

とりあえずピックする際はクリーチャーを重点的にピックした方がよいと思います。ドラフトで回ってきたカードに意中の色がない場合もありますのでデッキ構築に3色程度は見ておきましょう。

以上が超初心者私が考察するFNMでのデッキ構築論です。これから初めてFNMに参加される方の参考になればと思い記事にしました。

ご指摘があればコメントをどうぞ。

ではまた。

 

 - あの日のおもちゃ箱(過去の記事)