ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

アメニティー日曜スタン、マルドゥで2-2!

      2015/12/30

マルドゥでアメニティードリームなんば2号店の日曜スタンに参加してきました。

大会参加結果&マルドゥレシピです。

今回使用したマルドゥデッキレシピは以下。

メイン・サイド共に前回から若干いじっての挑戦です。

マルドゥビートダウンデッキレシピ

マルドゥビートダウン

スタンダード
マルドゥビートダウン

 

メイン マナ 枚数
道の探求者 (1)(白) 4
魂火の大導師 (1)(白) 2
ゴブリンの熟練扇動者 (2)(赤) 3
雷破の執政 (2)(赤)(赤) 2
軍族の解体者 (1)(赤)(白)(黒) 2
嵐の息吹のドラゴン (3)(赤)(赤) 2
嵐の憤怒、コラガン (3)(黒)(赤) 2
乱撃斬 (赤) 4
はじける破滅 (赤)(白)(黒) 4
かき立てる炎 (2)(赤)(赤) 2
残忍な切断 (4)(黒) 1
軍族童の突発 (1)(赤)(赤) 3
前哨地の包囲 (3)(赤) 2
真面目な訪問者、ソリン (2)(白)(黒) 2
平地 1
1
4
悪意の神殿 2
静寂の神殿 4
遊牧民の前哨地 4
コイロスの洞窟 2
戦場の鍛冶場 3
血染めのぬかるみ 2
凱旋の神殿 2
サイド マナ 枚数
龍王コラガン (4)(黒)(赤) 1
電弧連鎖 (2)(赤) 3
強迫 (黒) 1
思考囲い (黒) 2
蔑み (黒) 2
異端の輝き (1)(白) 3
命運の核心 (3)(黒)(黒) 1
対立の終結 (3)(白)(白) 2
合計(メイン) 60
合計(サイド) 15

龍王コラガンは前回あまり見せ場がなかったためサイドへ。

前回のBMスタンでの赤黒コラガンデッキに手も足も出なかったのを踏まえて電弧連鎖を3枚追加で、赤単はいても当たらないだろうということで神々の憤怒を削除。

果たしてこれで結果は残せるのか。

1回戦目 VS 赤単スライ ○××

赤単はもうそんなにいないだろうと思って臨んだ1回戦目はなんと赤単。しかもスライ。

1本目は絆魂でのライフリンクが相手にとって届く距離ではなく、ビートして勝ち。

スライ相手に恐怖の後手2本目は、ものの見事に殴られ焼かれ負け。

3本目、サイドからの投入に思考囲い・電弧連鎖を入れ電弧連鎖が1度刺さるもののその分ライフが減り、ライフリンクできない状況でサイドトークンを並べられ殴られて負け。

2回戦目 bye

マルドゥの練習にきたので、なんとも言えない気持ちになったbye。

3回戦目 VS アブザン ××

実はこのデッキでアブザン相手に戦うのは初めて。

初手のキープにミスり、3ターン目くらいまで土地をおいてターンを返すのを繰り返しているうちに、ライオン・アナフェンザ・サイをおかれ完璧にアブザンぽい動きになすすべなくストレート負け。

油断したわけではないけど、プレイが雑過ぎて反省。

4回戦目 VS 赤緑黒 ○×○

アリーシャ・女王スズメバチ・軍族の粗暴者等あまり見ないデッキ構成のデッキ。このカラーは最近よく見かける。

1本目はライフリンクが功を奏し、ライフが30くらいまで成長。地上を並べられるものの飛行で殴って勝ち。

2本目はナイレアの弓を置かれ苦しい展開に。龍王コラガンを着地させ、ここから挽回というところで残りライフ3。

しかしナイレアの弓の+1をすっかり失念していてPWゼナゴスの速攻クリーチャーをパワー3にされ、痛恨のミス負け。

3本目は相手が土地しかおかず、盤面こちらが有利で勝ち。試合終了後に手札を見せて頂くと大型クリーチャーばかりで、序盤が動けなかった模様。ラッキー。

結果2−2でした。

ぐぬぬ。

1回戦目の赤単の3本目を取っていたらその後の人生変わってた一日でした。

赤単を度外視して神々の憤怒を抜いたのが痛かったと思います。

あと龍王コラガンは多分抜いた方が良いと感じました。それならペスを一枚差していた方が安心という場面が多数。

色々反省点が残った一日でした。

今週からマジックオリジンプレビューウィーク!

ボロ兵はぼちぼちプレビューしていきたいです!

ではまた。

 - あの日のおもちゃ箱(過去の記事), スタンダード , , , , , ,