ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

テーロスカードギャラリーから抜粋

   

皆さんこんにちわ。

最近環境の変化についていけず若干グロッキー気味な私、タクヲです。

テーロス公式カードギャラリーが更新されていましたね!

眺めるだけでもわくわくするようなカード群に発売が待ちきれません。

今回は前回の記事と同様、気になったカード数点をピックアップしたいと思います。

SnapCrab_NoName_2013-9-8_2-23-45_No-00

「悪夢の織り手、アショク」

き、きたー!青黒のPW!しかも+2能力がデッキ破壊!-Xが追放したカードの再利用!これはディミーアライブラリーアウトデッキがかなり強化されますね。しかし、エルズペスと同じく高額が付きそうな予感。。。

SnapCrab_NoName_2013-9-8_2-24-24_No-00

「歓楽者ゼナゴス」

+1能力が自分がコントロールするクリ―チャーの数だけマナを追加できるという能力。0はトークン生成能力。奥義が追放したカードを望む枚数戦場に出してもよいというもの。

うーん。奥義はマナコストしはらう必要があるのかな。マナコスト支払う必要があるのかないのかで大分使えるか使えないか変わってくるんだけど。しかし全体的にコスト・能力を見る限りではドムリ・ラーデが上手かな。

SnapCrab_NoName_2013-9-8_2-24-2_No-00

「羊毛鬣のライオン」

怪物化持ちの緑白3/3クリーチャー。怪物的になれば呪禁と破壊不能をもつ。

うん。高額カード決定だなこりゃ。怪物化をもっていなくても2マナで3/3は素人の私から見てもかなり強いよ。普通にだしても2ターン目で3/3ですよ?5000yenくらいいくんだろうなぁ。

今回は新しく公式で更新されていた中から気になった3枚をピックアップしました。

ライオンはもういまの段階から4枚集めることをあきらめようか落胆モードに入っていますが、アショクは2枚くらいほしいな。

というかテーロスはなんかレア以上のカード、特に神話がかなり多い気がする。ショックランド的な土地がないのが(現時点では)残念だけどそれでも十分強いカードが多いですね。

これは2箱買いかな?

ともかく発売が楽しみなエキスパンションに間違いはない。

今月末が楽しみだ。

ではまた。

 

 

 - あの日のおもちゃ箱(過去の記事)