ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

久しぶりにティムール アメニティードリームで1ー2ー1

      2015/12/30

約1ヶ月ぶりの更新、ボロ兵です。

私事ですが、ここ1ヶ月忙殺されておりブログ更新ができませんでした。

仕事がひとまず落ち着き、昨日アメニティードリームのスタン大会に参加してまいりました。

使用したデッキは以下↓

【運命再編環境】ティムールモンスター試作型

スタンダード
【運命再編環境】ティムールモンスター試作型

 

メイン マナ 枚数
エルフの神秘家 (緑) 3
森の女人像 (1)(緑) 4
起源のハイドラ (X)(緑)(緑) 2
凶暴な拳刃 (緑)(青)(赤) 3
大いなる狩りの巫師 (3)(赤) 2
嵐の息吹のドラゴン (3)(赤)(赤) 2
囁きの森の精霊 (3)(緑)(緑) 2
世界を喰らう者、ポルクラノス (2)(緑)(緑) 4
クルフィックスの狩猟者 (1)(緑)(緑) 3
頑固な否認 (青) 3
火口の爪 (X)(赤) 4
ティムールの隆盛 (緑)(青)(赤) 2
精霊龍、ウギン (8) 1
3
3
3
急流の崖 2
岩だらけの高地 2
奔放の神殿 2
神秘の神殿 4
開拓地の野営地 4
樹木茂る山麓 1
シヴの浅瀬 1
サイド マナ 枚数
荒野の後継者 (1)(緑) 3
高木の巨人 (2)(緑)(緑)(緑) 1
龍爪のスーラク (2)(緑)(青)(赤) 1
世界を溶かすもの、アタルカ (5)(赤)(緑) 1
頑固な否認 (青) 1
破壊的な享楽 (赤)(緑) 2
ティムールの魔除け (緑)(青)(赤) 2
神々の憤怒 (1)(赤)(赤) 1
歓楽者ゼナゴス (2)(赤)(緑) 1
龍語りのサルカン (3)(赤)(赤) 2
合計(メイン) 60
合計(サイド) 15

おそらくタルキール覇王譚環境時以来のティムールカラーで大会に参加。果たして勝てるのか。

1回戦目 ティムールミラーマッチ ×○×

1ゲーム目 相手の序盤の霜歩きが止まらずこちらがのんびりマナクリを展開してたらあっという間に巻け。

2ゲーム目 こちらはマナクリ3体。相手はクルフィックスの狩猟者含むマナクリ等。しかしながら早い段階でウギンを召還することに成功してマイナス能力で全追放した後、相手の手が止まり相手が投了。

3ゲーム目 こちらは凶暴な挙刃・起源のハイドラからのポルクラノスで万全、相手は凶暴な挙刃→ポルクラノスが出るものの、場はこちらが優勢。

しかしながらポルクラノス怪物化で凶暴な拳刃を除去しておけばその後どうにかなったかもしれないのにそれをしないという凡ミス。後悔しながら負け。

 

2回戦目 青黒コントロール ○×ー

1ゲーム目はティムールの良い動きができ、青黒コンの場が空きやすい状況に殴り続けて勝ち。

2ゲーム目 アショクが合計3体出てしまうゲームに。1体除去したら次の1体。それの繰り返し。命運の核心を3回打たれたり、最後に真珠湖の古き者が出てきてこちらの体力がなく負け。

3ゲーム目に入る前にジャッジの「今から5ターン」宣言が入り、お互いの合意の上ドロー。

青黒コントロール相手に長引きそうなゲームは早めに投了した方がいいかもね。

3回戦目 アブザン ×○×

1ゲーム目 相手4マナ→包囲サイ着地の段階でこちらが握っていた頑固な否認を打たないというまたしても凡ミス。

※ボロ兵の勘違いですが、クリーチャーに頑固な否認は打てません。この場合頑固な否認は打てず、普通に包囲サイは着地です。

アナフェンザ、サイが止まらずあっさり負け。

2ゲーム目 相手がドローするカードが土地のみという幸運に恵まれ勝ち。

3ゲーム目 ウギンを召還し場を一掃。その後は+で本体に3点を飛ばし続け8まで成長したものの相手の場にタシグル登場。タシグル能力で公開されたカードが土地と英雄の破滅。

英雄の破滅しか選択肢はなく、もちろんウギンに打たれウギン、あえなく撃沈。

残りライフ2でトップにかけるも引いたのは「島」。投了。

4回戦目 いるはずの対戦相手がおらず(失踪?)、ゲーム開始後ジャッジの10分経過したらマッチに勝利という条件下のもと、10分待つも現れず。マッチ勝利。なんじゃそら。

 

久しぶりということもありましたが、凡ミスが目立つ粗いプレイになってしまい非常に悔しい1日となってしまいました。

来週はタルキール龍紀伝のプレリリース。

しっかり準備して臨みたいと思います。

ではまた。

 - あの日のおもちゃ箱(過去の記事), スタンダード , , ,