ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

ブラックフロッグBMIQ準優勝!ボロ兵の既婚者デッキのビッグウェーブ到来や!

   

大阪は心斎橋、「アメリカ村」と呼ばれる異界地に佇む黒い蛙。

通称「ブラック・フロッグ」。

ブラックフロッグロゴ

6月某日に開催されたBMIQ。当記事はブラック・フロッグにて開催されたBMIQへ参加したボロ兵の戦績記録である。

ブラック・フロッグBMIQ危機一髪

いきなり危機である。

開催が中止になるやもしれんという非常事態。

どうした蛙。ひっそり佇みすぎたか蛙。

無事開催までこぎつけることができるのか?そして参加したボロ兵の戦績は?

「タイトルに書いてあるぜ?」なんて無粋なことは言わずにまぁ楽しんでほしい。

我々の使命はこの「ブラック・フロッグ」が開催するBMIQの開催が中止になるやもしれん非常事態を打開することだ。

そう。私がブラック・フロッグのツイートをRT連打しまくったのはBMIQ中止を阻止するためである。

その結果をご覧頂きたい。

RTにご協力いただいた方、参加を決心された方には心から感謝する。

「8人ちょうどかその付近の人数がよかった」などと本心はいうまい。

無事開催が決定され、総勢14名でのBMIQ開催とあいなったのである。

そもそも既婚者デッキって何よ?な人への説明。

既婚者デッキ(ヨミ:キコンシャデッキ)

由来:ボロ兵のような既婚者かつMTGプレイヤーで、カード購入資金に余裕がなくデッキパーツカードを購入できずに微妙にパーツが足りない状態で完成させるデッキのこと。ボロ兵発祥。

類義語:苦学生デッキ・縛りデッキ等

ボロ兵の各スイスラウンド戦績

記事執筆時点が7月10日なので記憶が曖昧になっております。

一部フェイクというかうろ覚えの範囲でハイライトをお伝えします。

第1回戦 人間バントカンパニー ○○

ボロ兵の既婚者デッキがブン回りストレート勝ち。(「え、それだけ?」という感想はナシの方向で)

第2回戦 青赤エルドラージ ○○

相手の熱病の幻視でドロー&2点ダメージでじわじわライフを削られるものの、クリーチャーがなかなかでてこない。
出てきてもドロモカの命令で除去等でストレート勝ち。

第3回戦 白青人間 ◯✕◯

1ゲーム目を取った2ゲーム目、ゲームが長引きどちらに転んでもおかしくない盤面でしたがこちらの場のクリーチャーを除去され相手の場に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》、《龍王オジュタイ》とならびこちらが不利になった時点で早々に投了。

時間がない中始まった3ゲーム目相手ライフ2のところでこちらの盤面大天使アヴァシンと他トークン等クリーチャー。

フルアタックで相手がブロック宣言しこちらのトークンを死亡させる。

相手が大天使アヴァシンの変身条件を失念していたみたいで、返しの相手ターンアップキープ時に大天使アヴァシンが裏返り3点ダメージで勝ち。

第4回戦 人間バントカンパニー ✕✕

相手が反射魔導士→集合した中隊→反射魔導士とブン回りを見せストレート負け。

ちなみにこの方がスイスラウンドを1位で抜けることになりました。

第5回戦 白緑トークン ID

相手の方は白緑トークンでしたがこの時点でボロ兵の勝ちポイントは9点。

そしてお相手も9点で二人とも上位4名までに入っていました。

お相手からIDの申し入れをされ、ID選択する場面に初めて遭遇したのでお相手の方に「IDとは?」と質問しまくる。

懇切丁寧に説明を受けIDを承諾。

この時点でSE進出が決定したボロ兵。

初めて競技レベル大会でのSE進出や!

ボロ兵、初のシングルエリミネーション進出を成し遂げる。

SE1回戦(準決勝) 人間バントカンパニー ○○

3回戦目でストレート負けを期した人間バントカンパニー(スイス1位)の人との緊張の1戦。

ボロ兵はスイス4位だったので相手に先攻後攻の決定権があり、もちろん先攻を相手に取られる。

ボ「(まぁ負けだろうな。SE1没ってやつや)」

しかしここにきて1ゲーム目後攻からのスタートだったにも関わらずボロ兵、慎重に状況判断し1ゲーム目を勝利。

続く2ゲーム目、相手が土地ばかりを引き勝利。

スイスラウンドでストレート負けをした相手にストレート勝ちをするという快挙をボロ兵成し遂げる。

決勝戦 スゥルタイミッドレンジ

迎えた決勝戦。

まさかガバガバプレイ&ルール知識も未熟な自分が残れるとは参加前には思ってもいませんでした。

ゲーム開始前にお相手の方と握手。

ブラック・フロッグSE決勝前握手

※個人情報の観点から各プレイヤーの顔は加工してあります。

 

賞品はBMInviの参加権利、BMIQプレイマット、イニストラードを覆う影パック16個でしたので

ゲームに入る前にお相手と政治(賞品をどのように分けるか)の話し合い。

試合をして勝った方がBMInviの参加権利、そして買っても負けてもボロ兵はプレイマットとパック8パックをもらえることに。

結果は…どうなるッ!?

スイスラウンド5回戦、シングルエリミネーション2回戦の全7回戦。

ボロ兵は決勝戦のスゥルタイミッドレンジに◯✕✕をし、準優勝で幕を閉じました。

最後の最後で地主(土地ばっか引く)をやってしまい負け。こればっかはどうしようもないね。

ということで準優勝!

そして念願のBMIQプレイマット獲得!

ブラック・フロッグBMIQ獲得賞品

(何を隠そう、ボロ兵今までプレイマットを1枚も持っておらず。)

決勝戦に敗れ2位となりましたが非常に充実し手応えを感じた1日でした。

ボロ兵、徐々にですが競技レベルでも通用しそうな技量がついてきたのでは?(不遜)

ボロ兵が使用した既婚者デッキリストはこちらのブラック・フロッグブログ記事にて公開されております。

優勝用-616-BMIQ

【大会結果】6/26 BMIQ in黒蛙!優勝は墓地までリソースのBUGミッドレンジ! | 黒蛙通信  – MTG情報発信ブログ –

 - その他 , , ,