ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

2017年4月24日禁止制限改訂、「師範の占い独楽」がレガシー禁止に。

   

マジック:ザ・ギャザリング公式ウェブサイトにおいて2017年4月24日、各フォーマットの禁止・制限カードの改訂が行われました。

2017年4月24日 禁止制限告知

トレトクバナー

今回行われた各フォーマットの変更点は以下。

スタンダード

変更なし

モダン

変更なし

レガシー

《師範の占い独楽》禁止

ヴィンテージ

《ギタクシア派の調査》制限

《噴出》制限

 

本告知が行われるまではスタンダードでは「《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が禁止される可能性が高い」と注目されていました。

しかし今回の告知で《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》に対する禁止はなく、スタンダードフォーマットでまだしばらくはお世話になりそうです。

ゼンディカーの同盟者、ギデオン

 

モダンフォーマットの変更もなし。

5月にモダンフォーマットのグランプリ神戸が控えていることから戦々恐々としていましたが、今回の告知によりグランプリで新たな対策を練る必要がなくなりました。

 

レガシーフォーマットでは大きな動きがありました。

《師範の占い独楽》の禁止。

師範の占い独楽

 

《師範の占い独楽》は、エターナルマスターズにも再録されており、レガシーで白青奇跡コントロールなどでおなじみの1枚でしたが、今回の《師範の占い独楽》禁止はレガシープレイヤーにしてみるとショック以外言葉が見当たらないでしょう。

別記事で頂戴した禁止改訂に対する読者様からコメントが、今回の禁止に対する衝撃を物語っています。

以下、コメント引用

スタンではプロペラすぐに禁止。
レガシーではエタマスで再録したばかりの独楽を禁止。
こんな顧客のことを舐めきったクソゲーに金をかけるのは止めます。てか、禁止で価値落ちる前にカード全部売ったほうがいいかも。

 

※コメントは引用させて頂いております。コメント投稿者様からの削除依頼があれば削除します。

環境を壊す可能性のあるカードや試合の遅延を招くカードを禁止にしようというウィザーズの方針はわからなくはないですが

禁止禁止で、ある日高額カードが一瞬にして価値が下がってしまうのは如何なものでしょう?

禁止や制限を行うのは環境を良くするため良いと思うのですが、代わりに以前まで禁止されていたカードを禁止解除する等の救済策がほしいところです。

次回の禁止・制限カード告知は2017年6月14日。

禁止の恐怖を与えない措置をお願いしたいと思うボロ兵でした。

 - NEWS