ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

アモンケット青の要チェックカード!

      2017/04/18

アモンケット

4月28日発売予定のマジック・ザ・ギャザリング新エキスパンション、「アモンケット」。

今回はアモンケットフルスポイラーの青カード群からボロ兵視点で「こ、これは!?」というカードをピックアップ!

 

ボロ兵個人的ピックアップ!アモンケット青

予言により

予言により

アモンケット青の最初は《予言により》。

青特有のミステリアスな印象の効果。

アップキープ毎に時間カウンターを置き、毎ターン1回だけ時間カウンター以下のマナコストを踏み倒して唱えることができる。

唱えられる呪文カードの種類は問わず。

これはスタンダードのみならずモダン以下でも悪さしそうなカードですな。

「パーマネント上のカウンターを増やす」系カードと組み合わせると加速させることが可能な点は見過ごしてはいけない。

抗えない主張

抗えない主張

自分か対戦相手のライブラリーを削る《抗えない主張》。

ライブラリーアウト・・・まぁそれは可能性低いとして

黒緑昂揚デッキに青足してスゥルタイ昂揚みたいなのに入りそう?

 

 

謎めいた海蛇

謎めいた海蛇

青特有の墓地カード参照でコストが軽くなるクリーチャー。

最安2マナで出せる点、6/5というサイズは好評価。

《氷の中の存在》、《騒乱の歓楽者》と合わせて青赤コントロールのフィニッシャーに。

本質の散乱

本質の散乱

青コントロール好きな人はこのカード再録に歓喜しているのでは?

やっとこさ収録された《本質の散乱》。

クリーチャー呪文オンリーですが、確定打ち消し。

しかも2マナ。

説明不要のビートダウン殺し。

ヒエログリフの輝き

ヒエログリフの輝き

4マナインスタントの2ドローカードは今までも《天才の片鱗》があったけど、

向こうはエネルギーを得る。

こちらはサイクリング。

個人的にはこちらが腐りづらい点、汎用性高そうで○。

 

周到の神ケフネト

周到の神ケフネト

3マナ5/5、飛行、破壊不能の「サイズ間違えてない?」神様。

《周到の神ケフネト》が攻撃・ブロックするにはハンドが7以上なければいけないが自身の能力で手札を増やすことが可能。

起動に4マナなので、「だったら《ヒエログリフの輝き》打てば?」となるんだけど、

システムクリーチャーの匂いがプンプンするので安いうちにそろえとこう。

新たな視点

新たな視点

ケフネトと同じくハンド7枚以上で活きるカード効果。

ETBで3枚ドローでも十分つよいけどサイクリングコストが0はすごい。

ケフネトの効果でサイクリング土地を回収→ノーコストで1ドロー。いいね。

驚異への入り口

驚異への入り口

クリーチャーX体にアンブロッカー付与。

それらがプレイヤーにダメージあたえたら1ドロー。

ソーサリーなのが残念だけどそりゃインスタントならアンコモンのはずがねぇ。

明日からの引き寄せ

明日からの引き寄せ

強っ!(二度目

4マナ2ドローどころじゃねぇ!

こんなん《時を超えた探索》、《宝船の巡航》やん!

時を超えた探索

宝船の巡航

《明日からの引き寄せ》、早々に禁止されるのでは。

 

アモンケット青の要チェックカード!まとめ

 

アモンケットの青のドローは壊れてるぞ!

速攻禁止になりそうな《明日からの引き寄せ》をはじめ、ケフネトやその他魅力的なカードが多数。

打ち消しも強化され、コントロールデッキ復権なるか?

そしておそらくアモンケットシングルは一部をのぞきリーズナブル(なはず

シオンケットの名をほしいままにしている新セット塩ん、いやアモンケット!

みんなが塩塩いうてる今のうちが買い時や!

 - プレビュー , ,