ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

異界月フルスポイラー!次スタンダード環境で活躍しそうなカードをチェック!

      2016/07/11

異界月ロゴ

7月8日(金)夜、新セット「異界月」のフルスポイラーがマジック・ザ・ギャザリング日本公式サイトにて公開されました。

異界月の全カードは以下の公式サイトからチェックできます。

異界月カードギャラリー - マジック:ザ・ギャザリング日本公式ウェブサイト

今回は異界月プレビュー最終日ということで次期スタンダード環境で活躍が予想されるカードをチェックします。

異界月後のスタンダード環境で活躍が予想されるカード

異端聖戦士、サリア

異端聖戦士、サリア

白を含んだデッキタイプであるならほぼ確実に入ってくるであろう《異端聖戦士、サリア》。

3色以上のデッキが相手ならブッ刺さるであろうサリア。

現スタンダード環境での3色以上のデッキは《進化の未開地》や各種バトルランド・SOIランドが含まれるため高確率で土地をタップインでき、相手のテンポを大幅に遅らせることができます。

そして速攻持ちのクリーチャーでもタップインで着地のため突然死を防ぐ役割があります。

そしてダメ押しの先制攻撃。小粒クリーチャーなら一方的に打ち取ることができます。

間違いなく次スタンダード環境で活躍するでしょう。

シガルダの助け

シガルダの助け

軽量エンチャントでオーラエンチャント、装備品アーティファクトを瞬速で出す事ができ、装備品の装備コストを踏み倒すことが可能。

強力な装備品アーティファクトは装備にコストが重い傾向がありますがそれを踏み倒せるのはかなりのアドバンテージ。

遥かなる旅路

遥かなる旅路

軽量でブリンクできるインスタント。

CIP能力を再利用したり、除去から守ったり、相手の邪魔なブロッカーを除去出来たりと汎用性タカシ。

安らぎ

安らぎ

延々ライフゲインできるエンチャント。普通に殴ってくるデッキは涙目。

鉄大工の浄化

鉄大工の浄化

白単や白赤等のデッキタイプで搭載されそう。

3マナ、ソーサリーなので扱いづらい印象はするけど白の貴重なアーティファクト・エンチャント除去手段。

久遠の闇からの誘引

久遠の闇からの誘引

ゲーム外部(サイドボード)、追放領域からエルドラージクリーチャーカードを指名で手札に加えられるカード。

サイドボードからエルドラージカードをサーチできるので状況に応じたエルドラージを持って来れる点は優秀だと思う。

イニストラードを覆う影までのエルドラージに加え、異界月には現出を持つエルドラージカードが多数存在するのでなかなか強力。

実質75枚のメインデッキ(エルドラージ・クリーチャーのみね)として戦うことが可能。

ボロ兵的に強いと思うんだけど価格動向は100円程。レアだし高騰する前に集めといた方がいいかも。

有事対策

有事対策

ライブラリートップ5枚を操作できるカード。次ターンに引くカードを操作&墓地肥やしの役割を担う。

2マナと軽量なのでなかなか良さそう。

霊廟の放浪者

霊廟の放浪者

1マナ、飛行、1/1で打ち消し効果付属。

スピリットデッキの序盤アタッカーとなるでしょう。

棚卸し

棚卸し

1→2→3→4と使用するたびにドローできるカードが増えるドローソース。

青のドローソースとして。

取り繕い

取り繕い

黒の除去や赤の火力に対して。

青1マナが立っていたら迂闊に除去を打てない状況に。

集団的蛮行

集団的蛮行

状況に応じてハンデス、クリーチャー除去、ライフドレインを行えるカード。

増呪コストも「手札1枚を捨てる」なので2つ以上のモードを選ぶことも容易。

最後の望み、リリアナ

最後の望み、リリアナ

説明不要。

マルコフの十字軍

マルコフの十字軍

5マナ絆魂、4/3、吸血鬼がいれば速攻持ち。吸血鬼デッキの最後の望みとなるか。

誘惑に負けて

誘惑に負けて黒のドローソース。

今までの黒のドローソースは《苦い真理》《骨読み》とソーサリーのみでした。

インスタントタイミングでのドローソース、活躍しそうです。

エムラクールの囁き

エムラクールの囁き

無作為にハンデス。昂揚達成なら2枚。相手の戦略をズタズタに出来そうなハンデスカード。

集団的抵抗

集団的抵抗

手札入れ替え、クリーチャーに4点、プレイヤーに3点から選べる赤のソーサリー。

ドローソースが乏しい赤。事故った時の手札入れ替え用として考えるとなかなか心強い。ダメージ的には他カードと遜色ないけど問題はマナ・コストとソーサリーである点。

鏡翼のドラゴン

鏡翼のドラゴン

自分がコントロールしている場合、例えば自分が1マナの+1/+0呪文をこのカードを対象にプレイすると自軍全クリーチャーが+1/+0になるというフィニッシャーカードであり、相手にとっては自分のクリーチャーにもコピーしなければならないためこのカードに対して単体除去呪文を打ちづらい。

自軍強化、相手の行動抑止と攻守に優れている(と思われる)カード。

予言的妄語

予言妄語

速攻付与とルーター能力付与。強くない?

収穫の印象

収穫の印象

墓地肥やし&デッキ圧縮&昂揚達成補助をする軽量エンチャント。

昂揚達成&コスト支払でクリーチャーと土地を回収できる点は優秀。

墓地に落ちて欲しくないクリーチャーでもバンバン落とせちゃう。

節くれ木のドライアド

節くれ木のドライアド

入るスペースがあるかわからないけど、1マナ接死持ちは地上のデカ物クリーチャーを1:1で打ち取れるためなかなかパフォーマンスがよろしげ。

昂揚達成してたら接死、3/3と後半でも活躍を見込めそうな1枚。

過去との取り組み

過去との取り組み

昂揚デッキのお供。

墓後家蜘蛛、イシュカナ

墓御家蜘蛛、イシュカナ

強力スピリットクリーチャーが公開されたことにより相対的に強くなったカード。

《呪文捕らえ》に引っかからず、昂揚達成してたら1/2蜘蛛クリーチャーを3体出せる。

スピリットはタフネスが低いクリーチャーが多め。飛行持ちが多いけど到達で全てブロックや!

来るであろうスピリットデッキへの回答となるか。

首絞め

首絞め

こちらも上記カードと同じで相対的に強くなったカード。

相手が序盤から軽量飛行クリーチャーで殴ってきたらサイズアップして打ち取れる。

登場時にはリミテッド向きだと思ってたけど意外と構築でも使えそう?

蔓延するもの

蔓延するもの

意外とあなどれない能力の1マナクリーチャー。

相手が重コスト優良クリーチャーを出したとしてもこいつ1枚で止められる。

相手のクリーチャーが飛行持ちでも格闘で戦闘ダメージを与えることによって地上に落とすことが可能。

※読者様のご指摘により、格闘によるダメージは戦闘ダメージではないため↑の状況は発生しないとのこと。
知識が浅はかで申し訳ありません。

格闘ルールの参照
格闘 – MTG Wiki

ただし相手のコピークリーチャーも同じ能力を持っているので場面が膠着しやすくなると予想。

打開案を用意しておく必要性あり。

満ちゆく月

満ちゆく月

THE・これを待っていたッ!

ま、まて。おちついてデッキを考えるんだワイ。

残忍な剥ぎ取り

残忍な剥ぎ取り

ジャンドカラーの昂揚デッキのメインアタッカーを担いそうなカード。

トランプル持ちでプレイヤーにダメージを通したらデッキトップ操作&昂揚達成補助を行うことができ、

昂揚達成したなら4/4にサイズアップし後半でも腐らなさそうなカード。

昂揚デッキ、次期スタンダードのダークホースか。

実地研究者、タミヨウ

実地研究者、タミヨウ

書いてあることは激強なんだけど問題は色。

3色(バントカラー)での構築を余儀なくされるが《異端聖戦士、サリア》の登場により着地ターンが遅れそう。

活躍できるとは思うが環境が許してくれるか、それが問題。

騎乗追撃

騎乗追撃

白赤人間デッキに入りそうな予感。

除去が乏しい人間デッキ、それを補う手段に成り得るか。

呪文捕らえ

呪文捕らえ

「次期スタンダードでは白青スピリットが来る」と世間に言わせしめたカード。

3マナ、瞬速、2/3、4マナ以下の呪文を疑似打ち消しできるナイトメア能力を内蔵と非の打ち所がないカード。

反面扱いが難しそうで、能力を使用する状況判断能力が問われそう。

レアなのにプレオーダー時点の某所では2000円を超えており、それでも売り切れる人気カード。

単体騎手/同体騎手

単体騎手 同体騎手

白のメインアタッカーになりそうなカード。

序盤でも先制攻撃、絆魂と強く、後半でも先制攻撃、トランプル、絆魂、4/4とゲーム全体で活躍が見込めます。

2ターン目に《単体騎手》、3ターン目に《異端聖戦士、サリア》の流れは定着しそうですね。

まとめ

異界月フルスポイラーが公開され、残すはプレリリースと発売を待つのみとなりました。

中にはモダン以下の環境でも通用しそうなカードもあり、興奮が収まらない収録内容となっています。

7月16日(土)、17日(日)のプレリリース。

そして7月22日(金)の異界月発売日。

それまで「あと何日寝たら異界月に触れるか」をワクワク数えながら今週・来週を過ごしましょう!

 

 - プレビュー ,