ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

禁止カード改定!スタンダード・モダンで禁止カード指定!

   

マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイトにて1月9日、禁止カード改定が告知されました。

2017年1月9日 禁止制限告知|マジック:ザ・ギャザリング

今まで禁止カードとは無縁のマジックライフを満喫していた私としては衝撃が走る禁止改定となってしまいました。

スタンダード禁止カード

密輸人の回転翼機

密輸人の回転翼機

 

反射魔道士

反射魔道士

 

約束された終末、エムラクール

約束された終末、エムラクール

 

上記のカードがスタンダードでの使用が禁止となり、今後のスタンダードメタは一変するのは必至。

特に密輸人の回転翼機は色を問わない2マナクリーチャー&ルーターとして優秀すぎたためアーキタイプを問わず採用されていました。

これが禁止。

プレイヤーは新たなデッキ構想を余儀なくされるでしょう。

また反射魔導士の禁止。

さすがにクロックの鬼としてスタン環境を荒らしすぎたのでしょう。

少し禁止指定されるのが遅い気もしますが、この禁止により青白フラッシュ、バントが大きな戦力ダウンとなるでしょう。

約束された終末、エムラクールの禁止はコントロールデッキの隆盛を抑止していたためでしょう。

これ1枚によりコントロールデッキはプランを崩壊させられゲームがなりたたなくなります。

様々なアーキタイプのデッキが活躍することを望んでの禁止でしょう。

モダン禁止カード

ギタクシア派の調査

ギタクシア派の調査

 

ゴルガリの墓トロール

ゴルガリの墓トロール

 

モダンで使用頻度の高かったギタクシア派の調査。

公式該当ページにもありますが、非常に強力かつ低コストが環境バランスを崩しているとみなされたのでしょう。

これによりモダン感染デッキを筆頭に青を含むデッキが戦力ダウンとなってしまいました。

また、ゴルガリの墓トロールは一度は禁止から復活したものの、イニストラードを覆う影にて収録された秘蔵の縫合体をはじめとするドレッジ強化カードの登場により、発掘能力が強すぎるということで再び禁止に。

大きく痛手を被るのは感染・ドレッジとなりますが、それら使い手はどのような選択を試みるのか。

ビルダーの腕の見せ所ですね。

スタンダード、モダンともに大きくメタが変わるのは必至。

様々なバリエーションのアーキタイプがみられるのは嬉しく感じるとともに、使用頻度が高かったカード達ばかりで愛着があるだけに寂しさも感じてしまいますね。

禁止発効は霊気紛争発売の1月20日。

その後のスタンダード、モダンシーンに注目です!

 - NEWS , ,