ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

ゲートウォッチの誓いゲームデー使用マルドゥグリーンデッキレシピ

   

マルドゥグリーン

イエローサブマリンなんば店にて2月13日に開催されたゲートウォッチの誓いゲームデーにて使用したマルドゥタッチ緑(マルドゥグリーン)デッキレシピ記事です。

ゲートウォッチの誓いゲームデーでのマルドゥグリーンデッキ戦績はこちら。

 

ボロ兵のマルドゥグリーンデッキレシピ

ゲートウォッチの誓いマルドゥ

スタンダード
ゲートウォッチの誓いマルドゥ

 

メイン マナ 枚数
道の探求者 (1)(白) 4
魂火の大導師 (1)(白) 3
復興の壁 (2)(白) 2
包囲サイ (1)(白)(黒)(緑) 2
ゴブリンの闇住まい (3)(赤)(赤) 2
ゲトの裏切り者、カリタス (2)(黒)(黒) 1
嵐の憤怒、コラガン (3)(黒)(赤) 1
焦熱の衝動 (赤) 2
乱撃斬 (赤) 1
コラガンの命令 (1)(黒)(赤) 1
はじける破滅 (赤)(白)(黒) 4
残忍な切断 (4)(黒) 1
強迫 (黒) 3
精神背信 (1)(黒) 2
苦い真理 (2)(黒) 3
真面目な訪問者、ソリン (2)(白)(黒) 2
灯の再覚醒、オブ・ニクシリス (3)(黒)(黒) 1
炎呼び、チャンドラ (4)(赤)(赤) 1
平地 1
1
2
燻る湿地 2
戦場の鍛冶場 2
乱脈な気孔 2
コイロスの洞窟 2
血染めのぬかるみ 2
梢の眺望 1
遊牧民の前哨地 3
燃えがらの林間地 1
吹きさらしの荒野 2
樹木茂る山麓 3
サイド マナ 枚数
正義のうねり (1)(白) 2
マルドゥの魔除け (赤)(白)(黒) 2
完全なる終わり (2)(白)(黒) 2
自傷疵 (1)(黒) 2
苦い真理 (2)(黒) 1
光輝の炎 (2)(赤) 2
無限の抹消 (1)(黒)(黒) 3
ゼンディカーの同盟者、ギデオン (2)(白)(白) 1
合計(メイン) 60
合計(サイド) 15

直前のスタンダード大会にて使用し、当初使用予定だった上陸デッキから急遽路線変更したマルドゥデッキ。

上陸デッキで奮闘するより全然安定した動きを見せたことでゲームデーでも使用することに。(ワイハカチタインヤ!

寄せ集め感がハンパじゃないマルドゥグリーンですが、ゲーム序盤〜終盤まで万遍なく戦うことができる点は上陸デッキと比べ安心感があります。

ゲートウォッチの誓いゲームデーでのマルドゥグリーンデッキ戦績はこちら。

マルドゥグリーンのゲームプラン

ゲーム序盤は道の探求者や魂火の大導師で戦線を作ります。

道の探求者魂火の大道師

序盤の理想的な動きとしてはこれら2つの内どちらかを立たせた上で軽量呪文をプレイし相手のクリーチャーを焼くor手札破壊等の妨害+絆魂によるライフリンクです。

焦熱の衝動強迫

4ターン目に包囲サイゲトの裏切り者、カリタスが着地出来れば上出来です。

包囲サイ

ゲトの裏切り者、カリタス

ゲトの裏切り者、カリタス

 

包囲サイ、初めて使用しましたがただただ強いという印象。現スタンダード環境で3色以上で緑を含めたビートダウンなら入っていなければおかしいレベル(いまさら

ゲトの裏切り者、カリタスに関してはゲームデー試合内にて着地することはあったもののまだまだ力を見せることができず。

1枚差しが少なかったのか活躍の場があまりなかったです。

ここまで来ると真面目な訪問者、ソリン炎呼び、チャンドラでフィニッシュです。

真面目な訪問者、ソリン

炎呼び、チャンドラ

炎呼び、チャンドラ

 

ボロ兵のマルドゥグリーンの課題

灯の再覚醒、オブ・ニクシリス復興の壁は正直微妙というかゲームデーの試合では邪魔にしかならなくて前夜にメインに入れたことを後悔。

復興の壁

復興の壁

灯の再覚醒、オブ・ニクシリス

灯の再覚醒、オブ・ニクシリス

 

復興の壁は、壁とアタッカーを同時に出せる点は良いのですが、土地が3枚でストップした時が痛手でした。

打つ手がなく、復興の壁をプレイし土地をクリーチャー化。クリーチャー化した土地でアタック→破壊される。

そうすると土地が2枚になってしまい、そのまま土地が出ないパターンがあり3マナ以上の域が多いこのデッキにとっては致命傷でした。

包囲サイとゴブリンの闇住まいが入っているのでこの復興の壁の枠は変位エルドラージが良かったかもしれません。

変位エルドラージ

変位エルドラージ

灯の再覚醒、オブ・ニクシリスは出た時には既に負けている場面かそもそも4枚しか土地が伸びず手札で持て余してたりしたのでこの内容にはあっていなかった印象を受けました。

第1ゲームで”重い”と感じてサイド交換時に必ずサイドアウトしていました。

あとはやはり土地の調整。

タップインの土地が多くラグが頻繁に発生していたのはアイタタという感じ。

フェッチを増やすか、ダメージランド・基本土地を増やしてタップイン土地を減らした方が○。

ボロ兵のマルドゥグリーンデッキレシピまとめ

ゲートウォッチの誓いゲームデーでのマルドゥグリーンデッキ戦績はこちら。

ボロ兵の上記内容のマルドゥグリーンデッキは上記の記事内容の戦績でしたが「戦える」という実感はありました。

あとはこのデッキを使用しての実践が必要。それがゲームデーには間に合いませんでした。

交換するカード、枚数を調整すればゲームデーで上位入賞も間違いなし。(のはず。

このマルドゥグリーン、スタンダード環境ではしばらくお世話になるでしょう。

「モダン、はじめました。」の発言をお待ちの方はしばしお待ちを。

 - スタンダード , ,