ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

ブラックフロッグPPTQダブリン参加レポ!結果は!?

   

先日参加したホビーステーション2’s店開催のモダンフォーマットPPTQダブリンでの負け越しの反省を活かし、8月27日(土)、再度PPTQダブリンへ参加してきました。

前回PPTQから進歩したのか?

また結果は?

珍しくタイトルから推測出来ない内容…。

これはもしかしたら?!

ということでブラックフロッグPPTQダブリン、ボロ兵参戦戦績をご覧ください。

ブラックフロッグPPTQダブリン参加レポ

ブラックフロッグロゴ

開催大会詳細

開催店舗:ブラックフロッグ

大会名:PPTQダブリン

開催日時:8月27日(土)11:00〜

フォーマット:モダン

参加人数:51(定員60名)

回戦数:スイスラウンド6回戦+上位8名によるシングルエリミネーション

20160827_124851

サイドイベントも開催されてブラックフロッグならではの楽しいPPTQとなりました!

そして都度ぶっ込まれるブラックフロッグオーナーからのマジックとは全く関係ないメイド喫茶開催のお知らせ!

20160827_124929

ほほお・・・。

ま、まぁブラックフロッグさんにはお世話になってるし行ってみようかな!

みんな。理解して欲しい。これはお世話になってるショップへの恩義であって浮気とかでは決してないということを。

以下のブラックフロッグサイト下位ページから確認できます。

9月1日オープンの模様。

ブラックラビット

ボロ兵使用のデッキレシピ

気を取り直してデッキレシピ。

前回のZooを個人的思想から改良(改悪ともいう)したデッキを使用。

レシピは以下。

トライバルZoo

貴族の教主
野生のナカティル
タルモゴイフ
漁る軟泥
復活の声
クァーサルの群れ魔導士
クルフィックスの狩猟者
聖トラフトの霊
包囲サイ
雷口のヘルカイト
自由なる者ルーリク・サー
クリーチャー 24
稲妻
流刑への道
部族の炎
遍歴の騎士、エルズペス
召喚の調べ
呪文 13
吹きさらしの荒野
樹木茂る山麓
血染めのぬかるみ
寺院の庭
聖なる鋳造所
踏み鳴らされる地
草むした墓
血の墓所
神聖なる泉
繁殖池
蒸気孔
幽霊街
平地
土地 23
メインカード 60
スレイベンの守護者、サリア
コーの火歩き
ミラディンの十字軍
呪文滑り
大爆発の魔導士
スラーグ牙
墓掘りの檻
石のような静寂
破壊的な享楽
崇拝
サイドカード 15

引き続きぜひとも諸先輩方にアドバイスを頂きたい所存。

今回、読者からアドバイスを得たことによりメイン・サイド共に前回に比べ完成度が高まったと思います。

アドバイスをくださった皆様ありがとうございました!

しかしボロ兵の個人的趣向を入れているので詰めが甘いところはまだある感。

各スイスラウンド戦績

1回戦 vs 白赤バーン ×○○

前回のPPTQ初戦で当たったバーンにまたしても当たるという不運。

しかしながらこちらはバーン対策はばっちりだぜ!

メイン戦を落とすものの、サイド交換後の2ゲーム3ゲーム共に勝利。

《スレイベンの守護者、サリア》、《コーの火歩き》が相手バーンにブッ刺さる。

スレイベンの守護者、サリア

コーの火歩き

苦手とするバーン相手に勝利!

これは大躍進や!

2回戦 vs マーフォーク ○○

青単カラーのマーフォークデッキ。

感染デッキで挑んだアノアデザインで轢き殺された苦い思い出。

しかし今回はZoo!

勝てる見込みは十分にありました。

そしてストレート勝ち。

簡単に説明すると1戦目は相手マーフォークを丁寧に除去し、部族シナジーを破壊しつつ殴り勝ち。

2戦目は相手ダブルマリガンで土地が伸びない&揃わないで勝ち。

運要素もあったけどマーフォーク相手にストレート勝ち!やったぜ!

3回戦 vs 白赤バーン ×○×

またしてもバーン。

勝てる見込みは十分にありましたが、1ゲーム目ボロ兵先攻。

しかしダブルマリガン。

バーン相手にダブルマリガンは相当キツく、メイン戦を落とす大失策。

2ゲーム目は取るものの3戦目、相手がブン回りで負け。

ちなみにこの相手がSE残られました。

4回戦 vs グリセルシュート ○××

メイン戦で赤黒緑カラーのデッキであることはわかりましたが、上手く回っていないようで何もしてこず相手デッキが分からないまま1戦目勝利。

2ゲーム目、墓地に落ちた《グリセルブランド》をリアニメイトし殴ってきて7点ゲインの7点ペイの7枚ドローのなんたらかんたら。

グリセルブランド

グリセルシュートとよばれるアーキタイプのデッキであるとこの時点で理解。

しかしこういうデッキは回り出すと手が付けられないのが理論。

2ゲーム目を落とした3ゲーム目。

こちらはハンドに《流刑への道》を常時構えるスタイル。

《グリセルブランド》が着地した時点で除去するってことね。

相手ライフは7。こちらは場に高打点クリーチャー、ハンドに《部族の炎》。

これは勝てる!

しかしボロ兵、ここで凡ミスを犯す。

着地したグリセルブランドにパスを打たない致命的ミスをやらかす。

なぜか?

今日、タバコ吸い過ぎでかなり咳き込んでおりゲーム中もかなり咳き込んでてちょうど《グリセルブランド》をリアニメイトする瞬間まで咳き込んでボーッとしており、着地→攻撃を普通にスルー。

ワイ、何やっとんねん。

勝てる試合だっただけに無念。

5回戦 vs 赤緑ヴァラクートランプ ○×○

よく知らないデッキタイプなので上手く説明出来ないのですが、《原始のタイタン》で《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を持ってきてダメージを通す感じのデッキ。

原始のタイタン

溶鉄の尖峰、ヴァラクート

風景の変容のような勝ち筋だと分かり、早々の決着を目指すため軽量のクリーチャー等をイン。

《原始のタイタン》は残しておくとヤバいので即除去し、あと1ターン相手に渡していたら負けのところを辛勝

6回戦 vs 青トロン ○○

今回トロン使いが多数いらっしゃいましたが、あまり当たりたくないデッキでした。

しかし3−2の今やるしかあるまい!

当たった相手を見て愕然とするワイ。

日本橋界隈のモダンプレイヤーで知らぬものはいないであろう、青トロンの申し子(勝手に命名)との対戦。

「あ、これ負け」

ボロ兵、死を覚悟。

しかしメインでウルザランドをそろられる前に殴り勝ち。

サイド交換の2ゲーム目、《石のような静寂》、《スレイベンの守護者、サリア》等妨害呪文を設置し相手の手を鈍らせている間に殴りなんとストレート勝ち。

何よりも勝てないだろうと踏んでいた相手に勝てたのがこの上なく嬉しかった試合。

以前から仲良くなりたいと思っていた相手であってこの時仲良くなりTwitter交換したりしてもう言う事なしの上機嫌のボッロ。

結果は!?結果はよ!!

ということでスイスラウンドを4−2という好成績で終了することができたボロ兵。

すんげえ躍進にボロ兵興奮を抑えられない模様。

発表された順位は!!!

20160827_165322_kakou

12ポイントを取るもののオポ差で8位以内に残れず!

惜しい!黒田プロとやり合いたかった!

ブラックフロッグPPTQダブリン参加レポ!結果は!?まとめ

スイスランド6回戦終了の結果は4−2の10位。

SEには残れませんでしたが過去最高レベルの順位+αで大満足の一日。

次回の大会ではもっと詰めの甘いところを修正して参加を決意。

ということで満足したボロ兵、明日9月1日付近はラビットの方へいってきますハアハア

20160827_124929

 - PPTQ, モダン , , , ,