ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

アノアデザインPPTQダブリン参加!初モダン競技大会でボロ兵撃沈!

   

大阪市内より離れた場所にあるアノアデザイン様。

こちらのウィザーズ公認マジック:ザ・ギャザリング専門店にて8月7日に開催されたモダンフォーマットのPPTQダブリンへ私ボロ兵が参加してきました。

初となるモダンフォーマットでのPPTQ!

前日までの練習ではよい感じだったのでSEは無理でも2勝くらいはできるのでは!?

ポイントがっぽりや!

ボロ兵初となるモダンフォーマットのPPTQ!結果をご覧ください。

アノアデザイン様開催PPTQダブリン参加レポ

アノアデザイン様を写真・文章でご紹介

8月7日、遠路はるばる大阪府和泉府中駅へ。

20160807_100811

目的地はもちろんアノアデザイン様。余談ですが初めてショップへ伺わせて頂きました。

20160807_101448

ガラス張りのよろしい感じの外観。

20160807_101502

ウィザーズ公認店舗!

20160807_101527

どこかポップな感じの黒板看板がお出迎え。

20160807_101533

看板奥にはスタンでお世話になっているアヴァシン様がお出迎え。(撮影しとるのボロ兵でおま)

20160807_101539

ステンドグラスのデザインが施された扉を開けていざアノアデザインへ!

ボロ兵が撮影できたのはここまででおま(店内を無断撮影する勇気は流石にないのでとてもよろしい商品陳列、レジ周り、プレイング席だったことを文章でお伝えしておきます。)

アノアデザイン様ホームページURL

http://mtg.anoad.com/

ボロ兵奥さん公認の兵庫県在住の愛人(男性アーッ)と参加したPPTQダブリン!

果たして結果は!?

デッキリスト

ボロ兵が使用したのは以下のデッキリスト。(写真でご確認)

20160807_113102

そう、我輩ボロ兵、初のPPTQで使用熟練度が0に近い青緑感染デッキを持ち込んでの参加致しました。

これは賭けでした。前日までの知人友人とのフリプではかなりの勝率を誇っていたのでそれに賭けたのです。

というわけで青緑感染で臨んだ全5回戦!

各ラウンドの戦績をどうぞ!

1回戦目 VS マーフォーク ××

先手1ターン目に出した 《ぎらつかせのエルフ》。これはなかなかよい出だし。

と思ったら即《四肢切断》で除去される。

その後が続かずマーフォーク特有のマーフォーク全体強化のクリーチャー軍団に圧倒され負け。

マーフォークの特有スキル「島渡り」(相手が島をコントロールしているとアンブロック)。

これが青緑感染デッキにブッ刺さりストレート負け。

2回戦目 VS ジャンド ×○×

黒・赤・緑のジャンドカラーがお相手。

こちらが《ギタクシア派の調査》で相手手札を確認すると《ヴェールのリリアナ》を2枚確認しボロ兵絶望。

2本目を辛勝したものの私の後手・先手・後手のラウンドだったのでサイコロが勝ってたらあるいは・・・という感じ。

3回戦目 VS 黒赤バーン ××

これまた相性最悪のバーンが相手。

黒を入れて《闇の腹心》で手札の在庫切れを狙いながら火力で焼き放題。

もちろんストレート負けです。

4回戦目 VS マーフォーク ○××

またしてもマーフォーク。嫌な予感しかしねぇ。

先手1ゲーム目は勝ったものの、2ゲーム3ゲームと《広がりゆく海》をこちらの《墨蛾の生息地》に張られる。

Spreading Seas / 広がりゆく海 (1)(青) エンチャント — オーラ(Aura)エンチャント(土地)
広がりゆく海が戦場に出たとき、カードを1枚引く。
エンチャントされている土地は島(Island)である。

そして後は1ラウンド目と同じパターンで負け。

5回戦目 VS 風景の変容 ○×○

最後は仲良くドベらへんに残った兵庫の愛人とのラウンド。

ボロ兵先手1ゲーム目で毒カウンター10個貯めて勝ち。

2ゲーム目、半ばやけになっててデッキシャッフルをおろそかにしたため手札事故がひどく投了。

3ゲーム目、2ターン目に《荒廃の工作員》をプレイ。

3ターン目に《ペンデルヘイヴン》で《荒廃の工作員》を2/3に。

《よじれた映像》でパワー・タフネスを入れ替え3/2にしドロー。引いたのは《巨森の蔦》。

Twisted Image / よじれた映像 (青) インスタントクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それのパワーとタフネスを入れ替える。
カードを1枚引く。
Vines of Vastwood / 巨森の蔦 (緑) インスタントキッカー(緑)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(緑)を支払ってもよい。)
クリーチャー1体を対象とする。このターン、それはあなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。巨森の蔦がキッカーされている場合、そのクリーチャーはターン終了時まで+4/+4の修整を受ける。

手札には《強大化》があり・・・

Become Immense / 強大化 (5)(緑) インスタント探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+6/+6の修整を受ける。

という感じで最後の最後でワイの感染デッキが爆発し3ターンキルを達成。今更爆発されても。

というわけで最終順位はこちら。

20160807_151353

安定の最下位。

初となるモダンフォーマットPPTQは惨敗で幕を閉じたのでしたハハッワロタ

今回の結果から得られた教訓

フリプで良い感じだったからといってそれが競技レベルで通用するとは限りません。

むしろ思い通りにさせてくれないのが普通です。

なので競技レベルの大会ではデッキ修練度が高いデッキを選択しなければいけないと痛感しました。

使いなれたトライバルZooでくれば良かったとラウンド途中から激しく後悔しました。

今回は残念無念な結果となりましたが次回のPPTQ等競技レベルのモダン大会では上位狙えるよう頑張ろうと思いましたまる

 - PPTQ , , , ,