ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

イニストラードを覆う影スポイラー!相手に選択を迫るデビル・調査推し・手掛かりトークン!

   

マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイトにて公開された記事、「影を追うその2」にてイニストラードを覆う影に収録される新規カードが公開されました。

複数枚あるのでそれぞれプレビューしていきましょう。

罪を誘うもの

罪を誘うもの
罪を誘うもの 2マナ赤マナ
クリーチャー-デビル レアリティ:レア 3/2

威迫

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。どの対戦相手も「あなたはそのカードをあなたの墓地に置く。」を選んでもよい。あるプレイヤーがそうしたなら、罪を誘うものはそのプレイヤーにそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。誰もそうしないなら、そのカードをあなたの手札に加える。

ウルヴェンワルドの謎

ウルヴェンワルドの謎
ウルヴェンワルドの謎 2マナ緑マナ

エンチャント レアリティ:アンコモン

あなたがコントロールするトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、調査を行う。(「2マナ,このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無職の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)

あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、白の1/1の人間・兵士・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

不屈の追跡者

不屈の追跡者
不屈の追跡者 2マナ緑マナ

クリーチャー-人間・スカウト レアリティ:レア 3/2

土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、調査を行う。(「2マナ,このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無職の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)

あなたが手掛かりを1つ生け贄に捧げるたび、不屈の追跡者の上に+1/+1カウンターを1個置く。

手掛かりトークン

手がかりトークン
2マナ,このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。

プレビュー感想

人間クリーチャーが徐々に公開され、吸血鬼に続き人間・部族デッキも構想が射程圏内に入ってきたように思います。

そして謎の手掛かりトークン推しはこの先のプレビューで手掛かりを使用した何か突拍子もないカードへの伏線・・・?

そしてこの方、

罪を誘うもの前半は相手に選択権のある闇の腹心で、闇の腹心との最も違う点は捨てられた場合にそのカードのマナコスト分ダメージを与えられる点と捨てられなければデメリットなしで手札に加えられるという点。

ウィニー・アグロ等の軽量マナに主眼を置くデッキタイプにこのカードを挿入すると与えられるダメージが1~2点となりバンバン相手に捨てられる可能性がありますが、逆にミッドレンジなら4~5点のダメージをもらう代わりに強力カードを捨てさせるか、警戒しながらもハンデス等の対応策でどうにかしようという判断に迫られるでしょう。

しかもこのカード、アップキープの開始時にライブラリーのトップカードを対象に上記の処理を行うので、処理一連が終わったのちに通常ドローができるということ!

まるで「ケラル砦の修道院長」や「前哨地の包囲」のカンモードような運用ができるカード!前哨地の包囲がスタンダード落ちした後の赤のアドバンテージカードとして採用の可能性が大!おまけで威迫!

クリーチャータイプが「デビル」とイニストラードを覆う影のメイン部族ではない点がマイナスポイントですが、例えば「戦場に向かうもの、オリヴィア」の後に展開しオリヴィアの能力を使用するとこのカードはデビル・吸血鬼となるのであまり気にならないのかも。

能力の割に3マナと「前哨地の包囲」と比べると意外に軽量なのも魅力。

続々とパワーカードが公開され続け次期スタンダードでのデッキ構想に悩んでしまいますね。

引用元:マジック・ザ・ギャザリング日本公式サイト 「影を追う その2」

http://mtg-jp.com/reading/translated/mm/0016624/#

 - NEWS, プレビュー ,