ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

【スタンダード】スピリットデッキレシピ

   

このデッキレシピ記事は2016年7月現在、タルキール龍紀伝~異界月+マジック・オリジンのスタンダード環境でのスピリットデッキレシピ記事です。

青白スピリット、バントスピリットのデッキレシピを掲載します。(バントスピリットは後日掲載予定)

環境で無双しそうなスピリット部族、とくとご覧あれ。

タルキール龍紀伝~異界月+マジック・オリジンスタンダード スピリットデッキレシピ

spilitdeckban

青白スピリット

霊廟の放浪者/Mausoleum Wanderer
無私の霊魂/Selfless Spirit
鎖鳴らし/Rattlechains
往時の主教/Bygone Bishop
ネベルガストの伝令/Nebelgast Herald
呪文捕らえ/Spell Queller
雷鳴のワイヴァーン/Thunderclap Wyvern
老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend
クリーチャー 25
本質の変転/Essence Flux
非実体化/Unsubstantiate
集団的努力/Collective Effort
永遠の見守り/Always Watching
呪文 12
港町/Port Town
大草原の川/Prairie Stream
平地/Plains
島/Island
土地 23
メインカード 60
払拭/Dispel
否認/Negate
石の宣告/Declaration in Stone
神聖なる月光/Hallowed Moonlight
正義のうねり/Surge of Righteousness
奇妙な幕間/Eerie Interlude
即時却下/Summary Dismissal
サイドカード 15

ゲームプラン

一枚一枚のカードパワーは低いスピリット。

ですが集団ですとかなりトリッキーかつ盤面を優位に運べ、いつの間にか勝っている。

まさしく幽霊のようなデッキ、それがスピリットデッキ。

序盤から軽量クリーチャーを並べ、スピリット部族のアビリティを活かした戦い方になります。

鎖鳴らし/Rattlechains≫がこのデッキのキーカード。

鎖鳴らし

このクリーチャーによって全てのスピリットクリーチャーが飛行・瞬速持ちに。

これでマナを立たせて相手にターンを返しても相手のエンド時に瞬速で着地させ返しの自分ターンにソーサリーをプレイしたりできます。

無私の霊魂/Selfless Spirit≫を瞬速で着地させ、即生け贄で破壊不能ということも可能なわけですね。

無私の霊魂

ネベルガストの伝令/Nebelgast Herald≫も実は優秀なクリーチャーです。

ネベルガストの伝令

3マナと若干重いですが、標準で瞬速・飛行持ち2/1は侮れません。

そしてCIPと他のスピリットが出る度に相手クリーチャーをタップできる優秀タッパー。

環境で猛威を振るっている警戒持ちの≪森の代言者/Sylvan Advocate≫や≪大天使アヴァシン/Archangel Avacyn≫、その他速攻持ちクリーチャーをタップして奇襲を防いだり、能力の起動コストにタップコストを含んでいる能力クリーチャー等々を手札のスピリットがつきない限り半永久的にタップできるタップを極めし者、≪ネベルガストの伝令/Nebelgast Herald≫。

これで相手の攻撃・ブロッククリーチャーをどんどんタップして盤面を優位に動かせますね。

しかしながらスピリット達のサイズ自体は小さいものばかりですのでちょっとの除去がかなり痛手となってしまいます。

特に現環境での各種軽量火力赤呪文や≪ドロモカの命令/Dromoka’s Command≫、≪衰滅/Languish≫、≪究極の価格/Ultimate Price≫、≪究極の価格/Ultimate Price≫、≪闇の掌握/Grasp of Darkness≫等数えきれない強力除去から守らなければいけません。

そこで≪呪文捕らえ/Spell Queller≫です。

呪文捕らえ

3マナを立たせておいて手札に構えておけば、そのナイトメア能力でひとまずその時点での除去は防げます。

このスピリットデッキには≪老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend≫が3枚入っています。

老いたる深海鬼

「重いのでは?」

こう思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら≪老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend≫が持つ現出コストは青2マナを含む7マナ。

3マナクリーチャーが戦場に出ている場合、3マナクリーチャーを生け贄で最速4ターン目に着地させることが可能で土地含むパーマネント4枚をタップできる実はお手軽お得なクリーチャーなわけです。

瞬速持ちなので自分ターンでマナを立たせておき、相手のエンド時にプレイ。

「唱えたとき」能力は発動するので相手の邪魔なブロッカーや土地をタップ。返しの自分ターンでフィニッシュ、ということが可能です。

≪大天使アヴァシン/Archangel Avacyn ≫を入れていないのは5マナを立たせておく必要があり、5マナ払って瞬速・破壊不能の1枚なら≪鎖鳴らし/Rattlechains≫+≪無私の霊魂/Selfless Spirit≫でええやん、という判断。

これなら4枚立たせておくだけで大丈夫ですからね。

鎖鳴らし/Rattlechains≫を2マナ、瞬速でプレイ→≪鎖鳴らし/Rattlechains≫のアビリティで瞬速持ちになった≪無私の霊魂/Selfless Spirit≫を2マナでプレイし生け贄→破壊不能、ということですね。

集団的努力/Collective Effort≫も中々侮れないカード。

集団的努力

「増呪」コストにマナがかからず、いわば「召集」のようなカードで全モードを達成するのもたやすいかと思われます。

小粒スピリット達にとって越えられない壁となりうるパワー4以上のクリーチャーを破壊、やっかいなエンチャントを破壊、各種クリーチャーを一斉強化。

≪石の宣告/Declaration in Stone≫をサイドに据え、メインにしているのは汎用性が高いと踏んでいるからです。

タルキール龍紀伝~異界月+マジック・オリジンスタンダード スピリットデッキレシピ まとめ

2016年7月現在のスタンダード環境で高確率で台頭してきそうな部族デッキ、スピリット。

環境が始まったばかりなのでまだ力の程は未知数ですが

他の部族デッキと比べるとかなりの期待を寄せられるデッキであることに間違いはありません。

※注意※
このデッキはボロ兵まだ回しておりません。ご使用されて「勝てへんやん!どうなってんのボロ兵!」言われても責任は持てまへん。あしからず。

バントスピリットは後日公開予定です。

 - スタンダード , ,