ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

異界月参入後スタンダード狼男デッキを考案・構築!ワイは狼男デッキ作りたいんや!

   

※この記事は以前イニストラードを覆う影収録カード発表時に公開した「DTK~SOIスタンダード白赤緑ナヤ狼男デッキを構築してみた!」記事に追記する形をとり執筆しております。内容が以前のイニストラードを覆う影までのスタンダード環境と重複する点が見受けられるかもしれませんがご了承下さい。

2016年7月8日夜、新セット「異界月」のフルスポイラーが公開されました。

異界月全カードを考察し、異界月参入後のスタンダード環境における狼男デッキを考案・構築し記事にします。

異界月フルスポイラー公開ということでええ…まぁなんといいますか。

狼男デッキ作りたかった人は怒っていいと思います。

タルキール龍紀伝~異界月スタンダード 狼男デッキレシピ

dtk-soi-wolfmandeck
※異界月フルスポイラー後の更新となります。

狼男デッキレシピ(異界月フルスポイラー公開後)

村の伝書士/月の出の侵入者
薄暮見の徴募兵/爪の群れの咆哮者
ケッシグをうろつくもの/しなやかな捕食者
ガイアー岬の山賊/ヴィルディン群れの頭目
銀毛の援護者
爪の群れのウルリッチ/揺るぎない頭目、ウルリッチ
クリーチャー 20
吠え群れの復活
満ちゆく月
アーリン・コード/月の抱擁、アーリン
集団的抵抗
呪文 16
獲物道
燃えがらの林間地
土地 24
メインカード 60
サイドカード候補
嵐の伝道者/エムラクールの伝道者
ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼
狂気の一咬み
アタルカの命令
焦熱の衝動
焙り焼き
焼夷流
進化の飛躍

ゲームプラン

異界月フルスポイラー公開後の赤緑狼男デッキとなります。

ぶっちゃけもうどうしていいかわかりません狼男。

強いカードは多いんですが環境のトップデッキに勝てるかと言われればあと一つ何か足りない感じ。

とりあえず異界月収録の《爪の群れのウルリッチ/揺るぎない頭目、ウルリッチ》はゲーム中盤~後半で、《ケッシグをうろつくもの/しなやかな捕食者》は序盤~後半で頼りになりそうだから入れてみました。

爪の群れのウルリッチ-揺るぎない頭目、ウルリッチ

ケッシグをうろつくものしなやかな捕食者

ただ、≪ケッシグをうろつくもの≫は《吠え群れの復活》があるので《ラムホルトの平和主義者/ラムホルトの解体者》で良いのでは?という疑問。

吠え群れの復活

ラムホルトの平和主義者・ラムホルトの解体者

異界月には他にも入れてみたいカードはあるんですが何分、デッキ組もうとするとクリーチャーが多すぎるんよね狼男。

マナ加速に《ウルヴェンワルドに囚われしもの/ウルヴェンワルドの忌まわしきもの》を入れてみようかと思ったんですが守りに入りそうでなんかいや。

ウルヴェンワルドに囚われしものウルヴェンワルドの忌まわしきもの

嵐の伝道者/エムラクールの伝導者≫も候補でしたが3マナが渋滞気味でマナを加えるのが第2メインと遅れるので不採用。

嵐の伝導者エムラクールの伝導者

≪銀毛の援護者≫はまぁ抜いてもよかったんだけど狼男達を素直に単体除去され続けると辛いから投入。

銀毛の援護者

そして待ってましたTHE・月霧!

満ちゆく月

《満ちゆく月》の登場で少しは狼男は戦いやすくなったのではないでしょうか。

サイド候補は火力除去や手札補充をメインに考えて挙げています。

特に除去されることを念頭にした《進化の飛躍》は入れといたほうがいいかもしれません。

色々考えてみたけどアホのワイの頭ではもう思い浮かべへん!

アーリンから散々狼男期待させといてこの内容!訴訟や訴訟!

※以下からは以前のデッキレシピ記事になります。読む必要はありません。ブラウザの✕ボタンか戻るボタンを押してこのページから離脱してください。

タルキール龍紀伝~異界月参入後スタンダードデッキ構想 狼男デッキレシピ

狼男デッキレシピ草案

村の伝書士/月の出の侵入者
薄暮見の徴募兵/爪の群れの咆哮者
ラムホルトの平和主義者/ラムホルトの解体者
ガイアー岬の山賊/ヴィルディン群れの頭目
銀毛の援護者
爪の群れのウルリッチ/揺るぎない頭目、ウルリッチ
クリーチャー 24
吠え群れの復活
ゼンディカーの代弁者、ニッサ
アーリン・コード/月の抱擁、アーリン
忘れられていた家宝/灰口の刃
呪文 11
獲物道
燃えがらの林間地
土地 25
メインカード 60
サイドカード候補
ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼
狂気の一咬み
アタルカの命令
集合した中隊

ゲームプラン

基本的には下記にある以前のデッキレシピのゲームプランと同じような動きになり、パワークリーチャーで殴り勝つスタイルです。

以前のデッキレシピと大きく違うのは、白を排除し赤緑の2色にした点と異界月スポイラーにて先日公開された「爪の群れのウルリッチ/揺るぎない頭目、ウルリッチ」を投入した点です。

爪の群れのウルリッチ-揺るぎない頭目、ウルリッチ

このカードの投入により、相手のクリーチャーを呪文を使うことなく格闘除去することが可能になっています。(ただし狼男は対象にできない点に注意)

伝説クリーチャーなので3枚投入にするか悩みましたが、アヴァシンも伝説クリーチャーだけど4積されてるのでまぁいっかということで4枚。除去される筆頭でしょうし。

赤を混ぜているのに火力呪文を搭載していないのには理由があり、「焼く暇があるなら殴れ」というデッキスタイルのため投入していません。アーリンを投入しているので火力が必要なら月の抱擁、アーリンの火力を使用する所存。

アーリン・コード・月の抱擁、アーリン

狼男には基本的に変身してほしいので、相手のターンで動けるインスタント系は除外。

但し場が膠着したときの突破口として「吠え群れの復活」は投入しています。

吠え群れの復活

狼男のみで構成されており、丁寧に除去してくることを想定して「銀毛の援護者」。

銀毛の援護者

「ゼンディカーの代弁者、ニッサ」は狼男達を横に並べてサイズアップさせるため。

ゼンディカーの代弁者、ニッサ

オシャレ枠、「忘れられていた家宝/灰口の刃」!だけど複数枚はいらない!

忘れられていた家宝・灰口の刃

サイドカード候補

3マナ以下で出せるカードが多いため「集合した中隊」を検討。

集合した中隊

赤緑のフィニッシュカード、「アタルカの命令」。

アタルカの命令

「狂気の一咬み」は除去が追い付かない時用として。

狂気の一咬み

「ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼」は、ドローソース兼「1枚or2枚引かせるか、狼男を変身させるか、どちらか好きな方を選べ」的な存在として検討。

ナッターノールズの隠遁者・ナッターノールズの一匹狼

現状はこんなところでしょうか。

まだまだ異界月スポイラーは始まったばかりで優秀な狼男サポートカードが出現するかもしれないのでウルリッチまでの草案ではこんな感じでどうでしょう。

今後の異界月スポイラーに期待して赤緑狼男デッキを妄想しよう!これで赤緑狼男デッキ来なかったら訴訟もんだよ!メッ!

※以下からは以前のデッキレシピ記事になります。読む必要はありません。ブラウザの✕ボタンか戻るボタンを押してこのページから離脱してください。

【以前のSOIまでの考案デッキレシピ】タルキール龍紀伝~イニストラードを覆う影スタンダードデッキ構想 白赤緑ナヤ狼男デッキレシピ

ここからは以前公開していたタルキール龍紀伝~イニストラードを覆う影までのスタンダード環境における狼男デッキレシピ草案になります。読む必要はございませんのでお引き取りください。

デッキレシピ草案

村の伝書士/月の出の侵入者
ガイアー岬の山賊/ヴィルディン群れの頭目
薄暮見の徴募兵/爪の群れの咆哮者
ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼
銀毛の援護者
クリーチャー  20
集合した中隊
ドロモカの命令
吠え群れの復活
アーリン・コード/月の抱擁、アーリン
忘れられていた家宝/灰口の刃
呪文  18
獲物道
要塞化した村
燃えがらの林間地
梢の眺望
平地
土地 22
メインカード 60
サイドカード 未定

ゲームプラン

序盤は「村の伝書士・月の出の侵入者」で攻めます。

村の伝書士・月の出の侵入者

2ターン目には「薄暮見の徴募兵/爪の群れの咆哮者」をプレイし、後続をサポートしたり・・・

薄暮見の徴募兵・爪の群れの咆哮者

装備しているクリーチャーが変身すれば変身する装備カード「忘れられていた家宝/灰口の刃」を設置し後続のクリーチャーを強化できる準備をしましょう。

忘れられていた家宝・灰口の刃

3ターン目には速攻持ちの「ガイアー岬の山賊」をプレイし相手にダメージプレッシャーを与えた上で、後のターンでプレイする狼男を即時変身させてアドバンテージを得ましょう。

ガイアー岬の山賊・ヴィルディン群れの頭目

またこの狼男デッキには「ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼」を採用しています。

ナッターノールズの隠遁者・ナッターノールズの一匹狼

「ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼」はドローソースのないこのデッキにとってアドバンテージ取得カードとなります。

直前のターンに呪文を唱えていないことが狼男両面カードの変身条件なので、相手はこちらのターン中により多くの呪文をプレイしてくるでしょう。

そこでこの「ナッターノールズの隠遁者/ナッターノールズの一匹狼」です。

自分のターン中に相手が呪文を唱えるたびにドローできるのでこちらのターン中に妨害されても1ドローもしくは2ドローができ、アドバンテージを得ることができます。

またこのカードを放置しておくとどんどんドローされるのでこのカードを対象とした除去等ヘイトがあつまるでしょう。

そうなれば別の狼が相手プレイヤーを襲います。

銀毛の援護者「銀毛の援護者」は変身クリーチャーではなく、3マナ2/2とサイズは小さめですが自身がトランプルを持っており、狼・狼男デッキにはかかせない能力を持っています。

自分がコントロールする狼か狼男クリーチャーがインストタントかソーサリーの対象となるたびに2/2の狼クリーチャートークンを生成できます。

プレイされるインスタント・ソーサリー呪文のコントローラーは指定されていないのでどちらのプレイヤーが唱えたとしても誘発することになります。

そこで以下のカードです。

ドロモカの命令下の2つの命令を別々の狼・狼男に使用し2体を対象とすることで2/2トークンが2体でることになります!

また以下のカードを採用しており、相手ターンの終了時に展開しておくと戦闘で優位に立てるでしょう。

吠え群れの復活

 

赤が入っているので「癇しゃく」を入れて火力も補強したいところではありますが、いかんせんマッドネスを達成できるカードがこのデッキにはありません。

そこで「アーリン・コード/月の抱擁、アーリン」です。

アーリン・コード・月の抱擁、アーリン月の抱擁、アーリンへ変身すると-1能力で3点火力呪文になります。毎ターン打てるわけではないものの、2~3ターンに1度は火力を打つというプレイをこのカードが除去されない限りは半永続的にできますので癇しゃくのかわりとしては十分でしょう。

狼トークンを生成できる点やクリーチャーを強化できる点、また奥義の紋章能力も優秀であることから「癇しゃく」抜きでも戦えるでしょう。

全てのクリーチャーが3マナ以下であるため以下のカードもここでは採用しています。

集合した中隊6枚のライブラリートップカードを見て、その中にクリーチャーがいれば即場に出せます。

「場に出たときに◯◯する」というカードが入っていないため、場に出しただけでは弱い動きですので相手ターンにマナを立てておき、相手終了時に合わせて「集合した中隊」をプレイすると出たカードは返しの自分ターンで即座に戦闘に参加できます。

このカードがプレイできる状況であれば場にサポートカードが何枚かあるでしょうし、「忘れられていた家宝/灰口の刃」や「アーリン・コード/月の抱擁、アーリン」、「吠え群れの復活」等が着地していればパワー&数で圧倒できるでしょう。

懸念材料

1マナ~3マナ域の軽量クリーチャーを大量展開・強化してパワーと物量で相手ライフを削り切るビートダウンタイプのデッキ構築です。

デッキがうまく回れば早々にゲームに決着をつけることができるでしょう。(願い)

ただし除去の選択肢が「ドロモカの命令」の格闘モード、「月の抱擁、アーリン」の-1火力くらいしかないため相手も物量で攻めてくると辛いところがあるかもしれません。

場合によっては持ち前の展開力にさらに突破力を与えるために「アタルカの命令」を検討するべきかもしれません。

アタルカの命令

サイドカード

全然考えてません。(爆)

ただし、全体除去や「石の宣告」のような同名カード除去カード、「癇しゃく」「焦熱の衝動」のような軽量火力でこちらの狼達を除去され続けるとつらいので、対策の一案として「奇妙な幕間」を入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

奇妙な幕間

ここまではわかるのですが、正直何が苦手なデッキなのかわかっていないので対策カードが立てれないというのが正直なところです。

アドバイスもらえるとうれしいです!(切実)

総括

3マナまでの軽量クリーチャーと展開力に物を言わせ、PWによる強化や装備カードによる突破力を与えたデッキです。

いかがでしょうか。まだ改善の余地は十分にあると思いますがいい線行っているのではないでしょうか。(サイドが完成してないけど。)

ボロ兵はデッキ構築がまだまだなのでコメントやTwitterでアドバイスを頂けると泣いて喜びます!

この記事が少しの参考になれば幸いです。

 - スタンダード , , ,