ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

もうすぐさよなら!アモンケットの思い出カードたち

   

10月5日、待望の「ラヴニカのギルド」が発売される。

それに伴いスタンダード・フォーマットではローテーションが発生し、カラデシュブロックとアモンケットブロックがスタンダード環境から姿を消すこととなります。

今回はスタンダードで様々な意味で印象に残ったカードをアモンケットからピックアップしてお届けします。

なお、本サイトのこの手の記事は個人的感想に基づいておりますのでご寛容な視点でご覧ください。

それではアモンケットの個人的思い出カードたちを見ていきましょう!

トレトクバナー
↑不要なMTGカードを売るなら断然トレトク!

アモンケット

以前のスタンダード環境ではボロ兵はもっぱら王神の贈り物デッキを使用していたのですが、ここぞという時にかなり頑張ってくれました。

素出し5マナ、不朽で6マナと除去されても次ターンにはまた戦場に戻ることができるのは盤面を有利に運ぶのに大変役に立ってくれました。

そのマナコスト・能力からスタンダードを去るとご隠居生活が待っているでしょうが、お疲れ様と言いたい。

 

こちらもギフトデッキのみならず、白系デッキでは大いに活躍したカードでしょう。

ゲーム序盤・不要なタイミングできたら手札交換をでき瞬速持ちなので相手の盤面のキーカードを何回追放したことか。

場に残り続ける限り追放なので割られた時が悲惨だったのもいい思い出。

 

ボロ兵大好き絆魂持ちカード。

最近では《ゴブリンの鎖回し》のせいで全く見ませんが、それ以前まではライフレースを優位に運ぶ立役者でした。

せめてタフネスが2なら・・・。

 

副陽の接近コントロール等のアーキタイプをスタンダード環境にもたらしたキーカード。

この呪文キャストで1回目の打ち消しの際と2回目の打ち消しの際のルールが異なるのを理解するのに手間取った思い出。

マッチングした際に否認等打ち消しを積んでないデッキだったら今晩のご飯を考えるレベル。

 

飛び抜けて目立った活躍はしなかったものの(それこそ戦乱のゼンディカーのギデオンのような)、それでも使用頻度は高い方だったギデオン。

副陽の接近に対して紋章を出して相手がもじもじしてるのをほくそ笑みながらライフを削っていると排斥等で除去されて白目剥いた思い出。

 

スタンダードのアモンケット登場時くらいに白青モニュメントといったデッキがあり、その手の小粒クリーチャーを展開するデッキに採用されていた。

現在もMOでたまーに(フリプでほんとにたまーに)見かけるが現在ではそれほど使用率は高くない。

決して弱いカードではないのだが、環境にあってなかったのか、マナコストが間に合わない重さだったのか。

 

スタンダードでは全く見かけず(あったっけ?)ローテーション落ちするわけだが、モダンでカウンターカンパニーというアーキタイプを生み出した飛び級生。

相棒がいなければただのバニラだが成立すると無限infinityである。

こういうスタンダードを飛び越えてモダンで活躍するというスタンリーガルなカードはなかなか嬉しかったりする。

 

アモンケット神の中では3、4番目くらいには使えそうなカード・テキストだったがTier1で使われることはほぼなく1時期数百円で買える神話レアにまでになってしまった。(今はもっと安いのかな

環境が違えば爆発したであろうに惜しい一枚。

 

自分ターン終了時に打たれたら山札にそっと手を添えていた。

 

2マナで1マナ要求打ち消しのくせにこれに打ち消されたら萎えるレベルのカード。

 

一時期だけ存在していたサイクリングデッキにて採用されていた。

このカードが、というかサイクリングデッキ自体がプレイする側のターンが異常に長かったのは当たったことのあるみんなはわかるのではないだろうか。

1回回り出すと永遠に感じる時間ターンが戻ってこないので見知った仲でカジュアルな大会だったらスマホいじってた。

 

これを採用することによるデッキの方向性は確定するものの、如何せん他のカードに恵まれなかった。

いや、そうではないか。下能力の起動にマナコストが含まれなければあるいは。という感じだった。

 

ゾンビデッキが隆盛した時期があったが、イニストラードを覆う影ブロックのカードがローテーションで使用不可になってことによりゾンビ達は解散することになる。

M19発売した今、再度ゾンビデッキの隆盛を予感させたが過去のそれほどは成績を残せずこれらのカードはラヴニカのギルド発売と同時に姿を消すことになる。

ゾンビデッキはボロ兵も使用していた時期があり、愛着のあるカードばかりだったため非常に惜しまれるカード達。

 

アモンケット神の中で最も使われたカードだろう。

強力な赤系アグロデッキでブン周り4ターン目This is HAZORETOはいい意味でも悪い意味でも悶絶ものだった。

有志により、モダンの親和デッキでも少数投入されることがあり、ハゾレト親和という派生を生み出した。

ボロ兵はグランプリ神戸(モダンフォーマット)でハゾレト親和を使用し、初参加なながらもいくつもの勝利をもたらしてくれた。

 

スタンダードで青赤系コントロールで採用されていて、3ターン目に数多のアグロデッキをわからせてきた1枚。

 

赤単アグロが隆盛することになったきっかけの1枚。

速攻でアンブロック3点。これを繰り替えされると生半可なデッキはカウンタックで轢き殺されるようなものである。(督励で次ターンそのカードは攻撃に参加できないものの、トップからの連打という状況)

 

説明不要の除去・フィニッシャー。

登場時から現在に至るまで様々なデッキで採用された。

次ターン動けないものの、こちらの生物を除去しながらアタックしてくる様子はまさにドラゴンだった。

相手の場に出たこのカードを除去せずにいると「ダブル督励で(タフネス5以上を除去しつつ8点ダメージ)」とわけのわからない状況になったのはいい思い出。

 

過去にこのカードの可能性を示唆した記事を書いたが、その可能性は残念ながらスタンダードでは叶うことはなかった。

その代わり、このカードはモダンフォーマッとでホロウワンという強力なアーキタイプを生み出すことになる。

 

 

一時期のサイクリングデッキ、そして現在のターボフォグ等に使用されていた。

とにかく殴らせて欲しい。これほど殴るデッキをあざ笑うカードはなかなかあるまい。

 

アモンケット神の中ではおそらく2番目に使用されていたと思う。

過去に使用されていたデッキ・シーンは忘れたが、現在の鉄葉ストンピィで最後の花火を咲かせる。

これも個人的ではあるが、テキストの各種条件がもう少し緩ければなぁと惜しんだ1枚。(攻撃・ブロック参加の条件やパンプ能力のコストや対象)

 

アーティファクト

今の所成績を残している報告を見ないが小粒クリーチャーを展開していくデッキに非常にマッチすると思っているカード。

モダン以下環境でワンチャンあると思ってる。

 

次回ご紹介するが、王神の贈り物デッキというアーキタイプを生み出した1枚。

このスタンダード時期、強力な赤を捨ててまで惚れたカード。ギフトはとにかく楽しかった。

 

白青モニュメント等のアーキタイプで採用。碑サイクルの中ではスタンダードで一番使われた方ではなかろうか。

その能力から1時期使用者が結構な数いたが、現在ではほぼ使用されていない。

全てとは言わないが大体の原因が《削剥》のせい。

 

 

以上、個人的アモンケットの思い出カードでした。

次回は思い出記事最終回、破滅の刻です。

コラム記事は個人的意見の割合が多数なので、共感していただける方がいたら嬉しいなぁのスタンスですのでどしどしコメントくださいね(最近なぜかコメをいただける。ありがたや。そして返せずすまぬ)

 - MTGコラム ,