ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

もうすぐローテ落ち!破滅の刻の思い出カード

   

もうすぐ10月!

ということはラヴニカのギルドが10月5日に発売というのももうちょっと!

ラヴニカのギルド発売と同時に久しぶりにスタンダードでローテーションが発生し、「カラデシュブロック」「アモンケットブロック」がスタンダード環境から去ることになります。

今回は思い出カードシリーズ最後の「破滅の刻」の思い出カードをピックアップ!

なおボロ兵の主観に満ち溢れた記事なので公式的なアレと若干差異があっても堪忍したってーな

というわけで「破滅の刻」の思い出カード達GO!

トレトクバナー
↑不要なMTGカードを売るなら断然トレトク!

破滅の刻思い出カード

まず先にこの手の記事は公式のギャラリーを眺めながらピックアップするカードを選別してるんだけど、破滅の刻の白の思い出に残った(スタンでプレイしたり等)カードの少ないこと・・・。

強いてあげるならという感じでこの1枚。

一時期冠毛の馬を使用したデッキが晴れる屋のリストに乗ることがあったようななかったような気がするけど、如何せん馬デッキとわかるやあらゆる除去の的になっていたのと、誘発条件を満たすお供にあまり恵まれなかった印象で環境上位のデッキリストに名を残すことができなかった不遇のサラブレッド。

白はこれだけ。
本当にびっくりするくらい破滅の刻の白で思い出に残ったカードがなかった・・・。

 

ボロ兵はスタンダードで一時期狂ったように、それこそ周りが赤単まみれだった時期でも「王神の贈り物デッキ」を愛用していた時期があった。

その中のキーパーツでこれがなければギフトは成り立たなかったのではなかろうか。

 

場面により打ち消しとパーツを探しを選択できる優秀なカードだった。

スタンダードデッキで青入れてたらとりあえず入れとけ的な安定の選手。

 

スタンダードではお世話になった人は数え切れない機知の勇者。

アタッカーやブロッカーとしてのクリーチャーとしての役割を果たしながら出た時に仕事をし、マナフラッドしてもそれを受ける能力、手札入れ替えと墓地肥やしする姿に惚れた人は多いだろう。

 

プレイヤーへの攻撃が通ると手札破壊する能力、回避能力持ちに夢を見た人は多いのではなかろうか。

プレイヤーへの攻撃が通れば絶大なアドバンテージを生み出す人だったはずなのだが、世界中でどれほどこのカードの攻撃が通ったのか疑問である。

せめてETB能力だったらね・・・強すぎてアカンでしょうけど。

 

一時期姿を見せた黒単コントロールのフィニッシャーカード。
相手プレイヤーに選択肢があるカードだが打たれた時には何を選んでも負け確の珍しい1枚。

打たれたら嫌なカード、つまりは強力なカードだったはずなので生まれる時代が違えばという感じ。

 

スタンダード環境の赤系アグロの第一線を駆け抜けたケンラ。

条件付きアンブロッカーと永遠能力でどれほどのライフを奪っていったのだろうか。

この時期、赤系が隆盛していたにもかかわらずギフトの面白さに心酔していたボロ兵はついぞスタンダードで一度も使うことがなかったが、様々な大規模な大会で結果を残したケンラメンバーにはお疲れ様と言いたい。

 


ロマンカード。

登場初期、これに夢を見た人は多いのではなかろうか。

何かしら活かす手段はあったのではなかろうかと悔やまれる1枚。

 


「こんなんええから稲妻の一撃はよ」

 


時にクリーチャーを屠り、時にアーティファクトを割りまくった強力カード。

ギフト使いの人は共感してくれると思うが、ギフト使いにとってこれほど憎いカードはなかった。

 

砂かけ獣さん「ワシなんか悪いことした?」

 

スタンダードでは主にランプ系デッキで採用され、おそらく「〜の刻」シリーズでは最も使われたのではなかろうか。

ボロ兵は全く使わなかったが使われた時におまけのように出てくるゾンビに何度立ちはだかれたことか。(そしてフィニッシャーに蹂躙されるまでがテンプレ)

 

多色

破滅の刻神の中で一番使われたスカラベの神。

一時期はスカラベ・ザ・ギャザリングになっていたほど。

コスト的にスタンダード落ちすると下環境での活躍は難しいだろうことを考えると愛用していただけに寂しさを感じる神様。

 

絶対強かったはずなのになぜこうなった。

登場初期ではちらほら見かけたがしばらくするとほぼ見かけなくなった。多分同環境に青巨人がいたせい。

これも何かしら環境が違えば、あるいはデッキビルダーが成績を出してくれたなら評価は段違いだっただろう。

 

マジックの諸先輩方「予約の時に抑えとくのが板(この時1枚Xk円)」

ワイ「よっしゃこうたろ!(1X000円」

環境中盤〜終盤のストレージ肥やしのボーラス「こんなに下がってしもてすまんな(数百円)」

 

当たり前だけど出たら強かったんだけどね・・・。

 

アーティファクト

スタンダードではほぼほぼ見なかったのにモダンで環境トップに躍り出た「ホロウワン」で採用されることに。

0マナキャストで4/4はそら強い。というか本来の使い道。

スタンダードでは全く印象ないのにモダンでバリバリ働く飛び級生。

個人的にはスタンダードでも使えるアーキタイプは作れそうだっただけに残念・・・でもないか、モダンでも使えるし。

 

「このカードに出会ってなければ一時期握っていたデッキは赤系アグロだっただろう」

ボロ兵氏はそう語る。

 

ギフトデッキファンならわかると思うんだけどギミックがすごく面白く、そして強い。

その面白さに魅了され「暴れ回るフェロキドン」がスタメン入りする赤単が蔓延する環境でも使用するほどだった。(当然負けるわけだが)

だいたいは復元で4ターン目くらいに出してたけど、試合が長引いてマナフラッドした時に素出しもできるというナイスカード。

7マナの字面だけ見たらクソ重いのにプレイしてみたら7マナということをあまり感じさせなかった。

この環境のスタンダードの面白さを教えてくれたまさに贈り物な1枚。

 

もうすぐローテ落ち!破滅の刻の思い出カードまとめ

ラヴニカのギルド発売間近ということで4記事に渡りお送りしました思い出カードシリーズは今回で最後です。

個人の感想に塗れた記事で恐縮ですが、みなさんの思い出カードはなんだったでしょうか?

個人的には振り返って見ると塩だ塩だと思っていたエキスパンションにも光るカードがあってなかなか良い時期だったんだなぁと思っています。

 

ローテーション落ちによってもう姿を見ることはないだろうカードを振り返って見ると感慨深いですが、ラヴニカのギルド発売後の次期環境はガラリと変わることでしょうし、心新たに楽しもうと思います!

 

 - MTGコラム ,