ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

【モダン】トリコトラフト

   

モダンのデッキをご紹介。
今回は2017年後半に各大会で好成績を修めてきているトリコトラフトをご紹介。

異界月~イクサランといった最近のカードが採用されて強化されたトリコトラフトを解剖しましょう。

トレトクバナー

トリコトラフトデッキレシピ

4《天界の列柱
4《溢れかえる岸辺
2《神聖なる泉
2《
1《
1《平地
1《聖なる鋳造所
4《沸騰する小湖
2《蒸気孔
3《硫黄の滝
24Lands

3《聖トラフトの霊
4《瞬唱の魔道士
4《呪文捕らえ
11Creatures

4《謎めいた命令
2《電解
4《稲妻
3《稲妻のらせん
2《論理の結び目
4《選択
4《流刑への道
1《呪文嵌め
1《アズカンタの探索
25Spells

60MainboardCards

1《削剥
1《神聖な協力
2《儀礼的拒否
2《軽蔑的な一撃
1《払拭
1《否認
1《疲弊の休息
1《外科的摘出
2《至高の評決
2《安らかなる眠り
14SideboardCards

デッキリスト引用元:第10期モダン神挑戦者決定戦

http://www.hareruyamtg.com/article/category/detail/4733#04

トリコトラフトデッキ解説

電解》、《稲妻》、《稲妻のらせん》、《流刑への道》といった大量の除去呪文で相手の生物を除去しつつアグロなど序盤が強いデッキの猛攻を捌きます。

呪文捕らえ》、《謎めいた命令》、《論理の結び目》、《呪文嵌め》といったカウンター呪文で相手のプランを妨害しつつ、
謎めいた命令》のドローや《選択》(または《血清の幻視》)で手札のリソースを集めます。

イクサランで得た《アズカンタの探索》も手札リソースを増やす新たな戦力。

表のままだとデッキトップの不要牌を墓地に落として墓地肥やしですが、裏返って《水没遺跡、アズカンタ》に変身すると実質4マナでリソースを稼ぎ続けることができます。

相手が疲弊したところで《聖トラフトの霊》や各種火力、《天界の列柱》でライフを削ります。

トリコトラフトが強いデッキと弱いデッキ

以下のサイトにあるようにアグロ系のデッキには各種除去が刺さり序盤をしのげば中盤以降勝ちが見えてくるでしょう。
現在流行している強力な5色人間にも有利に戦えます。
コンボデッキ相手にも相手のフィニッシュカードをカウンターできれば勝ち筋が見えてくるでしょう。

逆に、《未練ある魂》が入っているアブザンジャンクや比較的軽い全体火力を入れている赤緑トロン、《ヴェールのリリアナ》が入ったジャンドなどはトリコトラフトにとって辛いデッキです。

また、以下のサイトでは「緑白呪禁オーラには構造上勝てない」と説明されていますが、最近得たカードの中で《神聖なる協力》《残骸の漂着》といったクリーチャーを対象としない除去を獲得していますので、苦手なマッチアップであることには変わりないかもしれませんが勝てる見込みは以前と比べ高まっているのではないでしょうか。

モダン トリコトラフト(Jeskai Midrange)の解説とサンプルデッキ |Dig マジック:ザ・ギャザリング情報
https://dig.cards/archetypes/magicthegathering/modern/jeskai_midrange

《血清の幻視》か、《選択》か

トリコトラフトのデッキ中、枠を争う2枚があります。

《血清の幻視》と《選択》です。

前者はソーサリーで1枚ドローした後に占術2。
後者はインスタントで占術1の後1枚ドロー。

インターネット上のトリコトラフトのデッキレシピではどちらの採用型もあり悩むところではありますが、なるべく土地を立てておきたい場合は《選択》で相手ターンエンド時にプレイ、ドローの質を高めたければ《血清の幻視》という基準での判断となるでしょうか。

好みが分かれる2枚ですので実際に両方を試してみて使用感で採用を決めてもいいかもしれません。

黒を入れるという選択肢はあるのか

白青赤のトリコトラフトで最近ではかなり強いデッキになりました。

しかしながら除去に火力が多く、タフネス4以上ある生物を除去するには《流刑への道》くらいしかありません。

最近は《タルモゴイフ》をあまり見かけなくなりましたが、完全にいなくなったわけではありませんしそうなると《流刑への道》が手札にくるのを祈るしかありません。
もちろん、《タルモゴイフ》以外のタフネス4以上生物も同様です。

そうなった場合、考えるのは《致命的な一押し》。

黒を入れることで純正カラーよりも色事故が起きやすくなりますが、《致命的な一押し》でタフネスがいくらあろうが関係なく除去できるようになります。

加えて、《聖トラフトの霊》の戦闘で出た天使トークンは戦闘が終わったら場から離れますので《致命的な一押し》の紛争達成も視野に入れることができます。

マナベースが難しくなりますが、トリコトラフトが苦手とする局面を変えることができるのではないでしょうか。

トリコトラフトまとめ

トリコトラフトは2017年に新エキスパンションで大幅に強化されたデッキの一つでしょう。

昨年まではほとんど見る機会がないアーキタイプでしたが、ここにきて隆盛しているデッキタイプです。

比較的最近のカードが採用されていて、まだまだ改良の余地がありそうなのであれこれ考えるのが楽しいデッキではないでしょうか。

苦手とするデッキ、特に緑白呪禁オーラへの対処法などを考慮しておくと大会で好成績を修めることができるかもしれません。

 - モダン , ,