ボロス兵士のMTG日誌

ボロス兵士イメージ

ボロス兵士のMTG日誌

マジック:ザ・ギャザリングへ愛を捧げるMtGブログ

マジック25周年記念PPTQ参加レポ!inカードラボ二号店

   

久々の大会参戦記事となります。ボロ兵です。

1月28日にカードラボなんば2号店で開催されたマジック25周年記念PPTQへ参加してきました!

今回はそのレポートです!

トレトクバナー

 

参加したマジック:ザ・ギャザリング25周年記念PPTQ詳細

場所:カードラボなんば2号点

開催日付:2018年1月28日

ラウンド数:スイスラウンド5回戦+上位8位でのSE

使用したデッキはこれ↓!

エスパーギフト〜ボロ兵仕立て〜

Main Deck
4 《霊気拠点
5 《
3 《
2 《イプヌの細流
3 《氷河の城砦
3 《水没した地下墓地
4 《秘密の中庭
24 Lands

4 《査問長官
4 《探求者の従者
2 《薄暮軍団の盲信者
4 《機知の勇者
2 《戦利品の魔道士
2 《黄昏の預言者
2 《貪欲なチュパカブラ
2 《多面相の侍臣
4 《発明の天使
26 Creatures

4 《来世への門
4 《ヴラスカの侮辱
2 《王神の贈り物
10 Spells

60 Mainboard Cards

2 《人質取り
1 《賞罰の天使
1 《マガーンの鏖殺者、ヴォーナ
4 《強迫
2 《否認
2 《失われた遺産
2 《イクサランの束縛
1 《沈黙の墓石
15 Sideboard Cards

各ラウンド戦績

1回戦目:マルドゥ機体 ×◯◯

1ゲーム目、テンポよく繰り出される機体と軽量クリーチャー群に殴られ負け。

2ゲーム目、こちらのギフトから天使がつり上がりそのまま勝ち

3ゲーム目、同上。

2回戦目:白黒アグロ ××

吸血鬼や白黒の優良なスペルを織り交ぜたデッキ。

1ゲーム目、こちらがもたついてる間に相手のヤヘンニとたかり屋の容赦ない攻撃に悶絶し、負け。

2ゲーム目、ロストレガシーで天使を抜かれ、その後は収集者とたかり屋がなんども殴打してきて負け。

両ゲームで思ったのは、<1 《光袖会の収集者》はマスト除去でした。こいつがいたせいで相手の手札リソースが尽きることがなく延々アドバンテージを得られてました。判断をミスしたと思います。

3回戦目:赤黒アグロ ◯◯

1ゲーム目、序盤、テンポよくライフを削られるものの、ギフト着地からの天使釣り上げで相手が投了。

2ゲーム目、こちらも早々に天使が着地し相手が投了。

4回戦目:青白ギフト ××

相手は2017年グランプリ神戸で準優勝したコジマさんでした。

気後れしながら望んだギフト対決でしたが、やはりと言うべきか4ターン目に復元からのギフトで天使を釣られ、負け。

青白ギフト相手だとちょっとギフト着地まで時間がかかるためちょっとエスパー(来世への門型)は不利なのかなぁ。詳しい方いらっしゃったらコメントください。

5回戦目:マルドゥ機体 ××

ラウンド5開始前に張り出された順位でボロ兵10位。

5ラウンド目で勝てばSE進出の可能性があったので臨みました。

しかしここにきて盛大にマナスクリュー。

1ゲーム目は相手が土地事故を起こしているにもかかわらず負け。

2ゲーム目も初手土地1、ワンマりで土地が島・霊気拠点でキープ。そのままランド延々引かず圧倒的な暴力の前に破れ散る。
機体相手にリソース少なくするのを嫌がって土地2でキープしましたが、対戦終了後に「あれはもう一度マリガンを行うべきだった」と同じく参加していた友人に言われました。

確かに来世への門型エスパーギフトは土地2他スペルに4マナ域が多い場合はマリガンすべきデッキかもしれません。

来世への門型ギフトなので《航路の作成》や《巧みな軍略》が無いぶん初手のランドを多めにとった試合がうまく立ち回ることができました。1つ勉強になりました。

マジック25周年記念PPTQ参加レポ!inカードラボ二号店まとめ

気合を入れて臨んだだけあって負け越しと最後の試合のスクリューに苛立ちを覚えましたが、それでも戦えるデッキであることは実感しました。

練習量が足りずに判断ミスが多かった、特にマリガン基準がぬるかったと思います。

青白ギフトとの対戦は実は初めてで、相手が後手だろうがこちらより先に《王神の贈り物》からの《発明の天使》を達成されるのでこれは何か調整は必須だと感じました。

次回のPPTQはSE進出を目標に頑張るぞい!

ちなみに18時現在、SEが進行中の模様。

くそう!悔しいぜ!
次はその席に座るんだ絶対!

結果わかり次第追記します!

追記:優勝者

 

カードラボ2号店さんのブログ

https://www.c-labo.jp/blog/44422/

によると、優勝を勝ち取ったのは赤単を使用した「ヤスダ マサユキ」さんとのこと。

メイン・サイドボードはそれぞれ以下。(上記サイトからお写真拝借しております。削除依頼あれば消します。)

ヤスダ マサユキさんおめでとうございます!

ボッロも次こそは!

 - PPTQ , ,